井戸端監視カメラ



隘路に。

c0189724_22271768.jpg
降ったり止んだりの小雨に湿り、
セッセと上るは花背峠。

上り切った所で気温計12℃。
雨雲なのか霧なのか、周り一体ガス地帯、
すぐそこの鉄塔さえ見えたり見えなんだり。

風も吹くもんで、シャツ一枚ではスカスカするけど、
暑いよりかはズッとええさ、最高さ。

c0189724_22305341.jpg
峠からは、本道を逸れ、
北の山の中へ伸びる大見尾根へ。

百井の奥にある大見集落と鞍馬を結ぶ旧道なので、
人気も無ければ、舗装されている訳も無く、
霧が出ている事もあり、何の物音もしない。

50年前は、100年前は、
この道を人が行き交う風景もあったろうが、
少なくともモータリゼーションとは無関係そうな道。

c0189724_22282144.jpg
そんな未舗装路に対応したマッシーン、
マイ「EBS ニードル」。

MTBでは舌が出る花脊峠を、
ロード並とまでは行かぬが、まぁスイスイと。

ロードではまさか走れぬ旧道を、
MTB並とまでは行かぬが、まぁトコトコと。

クロスバイクは、仕上げ方次第で最高の道具に成り得るってのはホント。
少なくとも自分にとっては。
c0189724_22284986.jpg
道と言うのはそもそも、通って便利な為にあり、
通って便利では無い道は、然程必要とされず、
道の抜け殻となって、横たわっているだけ。

類は友を呼ぶ方式で、車だったモノや、
家電だったモノ、その他のモノが其処此処に。

ノンビリ座り込んでると、自分も根が生えそう。

c0189724_1355329.jpg
岩だらけの路面が、やがて穏やかな路面になり、
川に沿う様になれば、集落はもうすぐそこ。

集落に出る手前のシコブチ神社は荒れに荒れ、
鳥居も、鳥居なのか何なのか分からないほど。

それでも、誰も彼もが、
このシコブチさんを忘れた訳では無さそうで、
小さな祠は残り、堤燈が掛けられている。

堤燈に何故か「定食」と書いてあるのはご愛嬌。

c0189724_22293050.jpg
何で定食屋の堤燈が使われているのかってのは、
集落に出てみれば何となく分かる。

そこには人の気配が殆ど無い、
この先再び人が増える事も無さそうな、
消え行く土地だから。

豪華に祀る人員も余裕も何処にも無い。
けど、それでも心の底に、
染み込んだ「シコブチさん」はやはり在る。
だから、出来る範囲で、お祀りする。

「宗教や信仰の、損得や過信ではない形なのかしらん?」
なんて想い馳せる、良いお湿りで御座いました。
by kaleidocycle | 2010-05-11 20:17 | 無駄
<< スパイラリアンズ。 本年最大行事。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧