井戸端監視カメラ



廃城跡。

春の桜シーズンから、もうすぐやって来るゴールデンウィークまで、
観光都市「京都」の各観光スポットは、例年辛い程の人出で賑わいます。

そんな時期、フと思い出してしまった、伏見桃山城。またの名を「キャッスルランド
京都が誇る数少ない遊園地だったキャッスルランド。
子供の頃は夢の国に思えた訳だけど・・・、
自分で入場券買える様になった頃には、風情ある脱力系施設にしか見えなかった。


c0189724_19243839.jpg
で10年ほど前、閉園を迎えるという情報は聞いたけれど、
まぁ大して気に掛ける事無く、現在まで過ごし、
何故か突然気になったという今回。


正面入口ゲートは、開け放たれ、
まるで革命後の関所の様。
チケット売場もモギリの人も、当然誰も居ない。

因みに駐車場はコインパーキングの「タイムス」に。
勿論、スッカラカン。

c0189724_19254494.jpg正確には2003年に閉園となり、
その後は、城を残したまま遊園地を取り壊し、
運動公園として再利用されているそうな。

まぁ、運動公園といっても、
楽しいアスレチックやシーソー等がある訳でなく、
綺麗に整備された野球のグラウンドと、
多目的グラウンドが、其々1面あるのみ。

当時、どこにジェットコースターが在ったか・・・、
何度考えても思い出せない。
それ程に、当時とはかけ離れた光景。

c0189724_1926390.jpg


「あっ!鹿が!こんな住宅地に!」


c0189724_192621100.jpg



な訳も無く。
捨てもされず、放置された鹿。





c0189724_19263521.jpgよく覚えては居ないのだけれど、
子供にとっては、確かに楽しさのアイコンだったはず。

なのに。
気付いた時には、潰して捨てる価値さえ見出せない、
処分方法の無い超粗大ゴミに。


残念だったと思う訳でも、何か後悔する訳でもないけれど、
「今の自分は、変なゴミ出して無いかいな?」
写真を撮り合う老人を眺め、そんな風に考え込んでしまう、
昭和後期育ちのセンチメンタリズムでございます。


c0189724_19265137.jpg






因みに。

人面魚は健在でした。



by kaleidocycle | 2010-04-16 20:39 | 無駄
<< バランス&フリーダム。 長いのんについて。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧