井戸端監視カメラ



水と平和と男と女。

「日本人は、水と平和はタダだと思っている」
なんて揶揄する言葉を聞いた様な聞かない様な、無責任な感じで記憶しておりますが、
貴様もそう思っとるのか!」と問われると・・・答えは素直にはい!です。

タダじゃないのは分かっている。そして、生命維持の為の最重要要件である事も。
けれど、タダに思えてしまうってのは何でかってーと・・・やっぱり「慣れ」なんでしょう。
慣れが悪い訳ではありません、それがこの国の日常であり、実情である訳ですから。



そんな限りなくタダに近い、水と平和に並べたい個人的推薦物、
その名は「ママチャリ」。
安く買う際の予算としては、もう¥1万なんて話にならなくて、
¥5~6千で買えてしまう。しかも、いつでも。

それが安全か如何だとか、寿命がナンたら言ったって、
その値段で、移動手段を得る事が出来ると言うのは事実。
人が一日アルバイトして稼げる対価で、充分お釣りが来る。

日常生活に必要な金銭に対しての、自転車の価格の割合が、
こんなに低い国ってのは、かなり珍しいんじゃないでしょうかね?
(ってまぁ外国の事そんなに知らないんですけど)



コレは凄い事です!ホント。
(もしかして)世界で最も簡単に自転車が買える国 日本!

ただ、そのあまりに大き過ぎる恩恵の中では、
自転車を求める気持ち」というモノが希釈され、
どうにも明確に見え辛くなっている様にも観じられる。

コレは、少し残念な事。
c0189724_15382447.jpg


自転車屋として好ましい態度では無いかもしれませんが、
自転車文化と言う言葉があまり好きではありません。
文化論を振りかざして、ママチャリを善悪で語る人は、もっと好きではありません。

ママチャリがギリギリまで安価で、製品として不安定な状態で出回っているのも、
やはりニーズがあるからこそな訳で、それはそれで良いと思います。

ただ、自分の生活の中で「自転車の存在を最大限小さくしたい」、
つまり限り無く安価に手に入れたいと思う人と、
生活の目的の中で「自転車の存在が大きくなってしまった」人とでは、
同じ自転車を見ていても、富嶽三十六景よろしく、同じ物を見ている訳ではない。
c0189724_2317117.jpg


我等が日本と言う国は、善くも悪くも、
自転車の選択幅の非常に広い国になりました。

アナタにとって自転車とは、生活を助けるモノですか?
それとも、生活という言葉の指す内容に、食事・睡眠と同じ様に入っているモノですか?
隣の人は、そんなに悪い人なのですか?

自転車などのモノの良し悪しを決めるのは、きっと求める気持ちなのでしょう。
しかしモノの数が増え、選び易くなる程に、その気持ちが見つけ難くなるというのは、
・・・カルマですな。
by kaleidocycle | 2010-04-10 23:25 | 無駄
<< マニマニ。 やります。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧