井戸端監視カメラ



アイヤイヤ。

c0189724_23103150.jpg
今日知りましたが、
昨日土曜は、びわこ開きだったそうです。

びわこ開きというのは、
比叡颪吹く、寒々しい季節は終わり、
琵琶湖で遊べる時期が始まるでよ、
という区切りのイベントであります。


まぁそんな区切りなど無くとも、この天気にこの気候ですので、
冬眠を終えた多くの自転車が、琵琶湖湖岸を彼方此方に走って居り、
皆、非常に気持ち良さそうにスイスイとスイスイと。

そんなスイスイな琵琶湖岸に似合うブツが、本日届きました。
c0189724_23175219.jpg




SalsaCycles2010
Vaya

¥67,200(税込)


何か読み難そうな名前ですが「ヴァイア」と読むそうです。
ディスクブレーキ専用のフルリジットスチールフレームなのですが、
名前が読み難い上に、ジャンル分けもし難い一台で、
ロードで無い事と、MTBで無い事は確かなのですが、じゃぁ何なんだと言われると・・・。
強いて言えばツーリングバイク寄りのオールマイティーバイクって感じでしょうか。
c0189724_2343378.jpg
そんなジャンル分け、
字で書くと地味で面白みに掛けてそうですが、
さすがSalsa、心の弱い所を突いて来ます。

このオリジナルエンドのエロさ。
手前に見えるSalsaのロゴもさる事ながら、
よく見ると、爪の部分に「Ride&Smile」の刻印が!

ディスクマウントに目をやると、
チェーンステーにポストマウントと、一捻り有り。

c0189724_23435037.jpg「フォークの爪が逆についている!」
なんて風に見えるかもしれませんが、
コレはディスクブレーキ仕様の為の捻り。

爪の側面には、やはり刻印。
ココだけステンレスなので、
錆でオレンジぃ感じになる事も無い

キャリア&フェンダーダボを完備しているのに、
何故かモッサリしないのは、こういった化粧のお陰か。

c0189724_2344596.jpgいや、化粧と呼ぶ事無かれ。
そう、コレはスパイス

各部造形も良いけど、それだけじゃダメ。
ルートビアの様な深い色も良いけど、それだけじゃダメ。
バンランスを取って、全てを底上げする上手さ。

普通に喰うより、より美味しく食べさせてくれるスパイス。
その加減を知っているのがSalsaの強み。

だから、このVayaは普通で地味なのに、
とても魅力的で、そして対抗馬は居ない。
サイズ展開も幅広く、メインのサイズは700cなれど、小さいサイズ(50・52)は26インチなので、
乗る人其々の体型に合わせて、バランスの良いルックスで乗れるのもアリガタイ。


とは言っても、フレームだけ見せられても・・・ピンと来ないですよね。
取りあえず店頭には、160cm位の身長の人に乗って貰おうと、
26インチホイルの「52」を用意しましたので、ボツボツと組んでみようと思います。

何となく気になる人は、暫し待たれい!
by kaleidocycle | 2010-03-14 23:13 | 商品
<< つぶやき。 退屈転じて福となすか。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧