井戸端監視カメラ



小骨。

c0189724_2335599.jpg


晴れたり、降ったり、また止んだり。

「どやさ。」

と思いつつも、新マシーンの出初めに。

c0189724_23352961.jpg

雨で軟らかくなった地面
vs
38cタイヤ。


上りは、こんな締まったダートは当然として、
赤土の上でも、刺さり込んでグリップ致します。

ええ、別に不便は感じません。

c0189724_23354174.jpg


人口的なドギツさの自然色。

下から、パーっと光って何か出て来そう。

c0189724_23355587.jpg


地面は雨をタップリ吸い込んでユルユル。

こういう時に、リムブレーキだと悲しくなるけど、
ディスクは良いですな、我関せずってなモンで。

c0189724_2336674.jpg

さっきまで晴れていたのに、
ザッと降り始め、見上げれば雪まじり。

普段は、フードついた服着てても、滅多にフード被らない。
でもこういう時は、本当にフード様、と思える程便利。
フード被って、雨を弾く音を聞くのは気分が良い。


で一頻り降って、上がれば向こうに虹出現。
c0189724_23395980.jpg

リムブレーキと言うのは、
本当に合理的で素晴らしい設計だと思うのですが、
それでもこんな泥団子がつき始める状況になると、
やっぱりディスクは良い、と思ってしまう。

つまりディスクに一票、それが本音。
自分のしたい事邪魔しないのが良い道具だもんでね。

そんなこんなで、今回のマシーン、初日バッチリです。
c0189724_2344289.jpg

別にクロスバイクが好き!って訳でも無く、やっぱり基本的にはMTBが好き。

でも、飛んだり飛び落ちたり攻めたり滑らしたり、そんな格好良い事、
してみたいけど自分にはあまり向いていないと気付いた結果、
自分が好きなのは「山道でも何でも行きたい様に散策出来る」MTBであり、
それはクロカンバイクでも良いんだけど、別にクロカンじゃなくても良いなぁ等と、
必要な要素、不要な要素を取捨選択している内に、クロスバイクになってしまった、と。

それが結果的に、昔のMTB(ATB)の現代版になっているというのは、
何にやらお釈迦様の掌の上で踊っているだけの様な・・・。



今回のEBSニードルの前世(部品取られ車)である、
リッチー マウントクロスも、とてもとても良い自転車でした。
しかし、ブレーキがリムブレーキである、太いリムを呑み込めない、他、
気にしなければ無視できる程度の、喉に刺さった小骨の様な不満が有り、
解消出来るならしてみようと言う事で、動き始めたこのニードル。

コレが最後の恋だから」なんて言うつもりは無いので、
あらさがしをしながらも、イチャついて生きて行こうと思います。
by kaleidocycle | 2010-03-11 00:28 | 無駄
<< 退屈転じて福となすか。 普通に。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧