井戸端監視カメラ



如何ってこと無い道程。

今週末は、パソコンの入れ替えに伴い、
データがあっち行ったりこっち行ったりで、右往左往しておりました。

パソコンが無い、という事は実は無駄な時間を減らす事が出来る、
そんな事を実感する程に、手を動かしていた、そんな週末。
その成果をまとめてご紹介~。

まずは、
c0189724_21515859.jpg
Inzistのクルーザー InzistSS
先日ご紹介した正統派の白とは、
打って変わった、此方のピンク。

桃色ではなくピンク、マゼンタ一歩手前です。
もっと言えば、女の子の色ではないピンク。
そいつに余計な手を少し加えてみました。

フロントに、男節溢れ出す極太の柱、
マルゾッキダートジャンパーをインストール。
更に、ステムをオーバーサイズのSULステムに、
変則的カモメ形状フラットバーを組み合わせてドン

クルーザースタイルも良いですが、こんなのも悪くは無いでしょう?
そらそうです、作っているのが日本MTBのご意見番 T・マッケンジーですから。

しかもこのSS、寸法的にシートチューブが寝ているので、
オールマウンテン的に使うにも、案外都合が良さそうな可能性を持っています。
c0189724_21563250.jpg
正統派MTB!では無いかもしれないけれど、
街を流す事と、たまに山を駆けずりまわる事、
その二つを綺麗に繋いでくれそう!



InzistSSバレンタインSPL 
¥84,000
(モチロン一台のみ)



画像は変わって此方のスッキリしたMTB。
c0189724_21581349.jpg名をSingular Swiftと言います。
シングラー スイフトでOKです。

上記のInzistと同じサイズみたいですが、
此方はホイルは29インチ。
フレームもデカいのでパース狂います。
このスイフト、スチール製フルリジット29erMTBフレームな訳ですが、
c0189724_21582462.jpg
BBがエキセントリックとになっており、
シングルにもマルチにもなる、という、
Salsaエルマリアッチや、
NinerのSIR9等と同じ括りになります。

しかも嬉しい事に、BBのシェル部には、
フィルウッド製エキセントリックシェルが!
組みつけてしまうと見える訳では無い。
でも少しホコホコ、そんなフィルシェル。

このシェルとフレームと、
そしてフォークがセットで99,750

29erの車種は増えましたが、残念ながら本当に29erを必要とする人の為の、
20インチ・22インチといった大きなサイズが手に入り難い状況です。
でも、このシングラーなら大丈夫、背の高い人は是非チェックして下さい。


ラスト!
お馴染みSurlyクロスチェックの完成車ですが、よく見て下さい、少し違うの分かりますか?
c0189724_21584583.jpg
完成車と同じ様な色味で仕上げていますが、
変速関係はナント!Sramライバル、
ホイルはナント!ベロマックス、
そしてハンドルもオーバーサイズと、
少しやる気のクロスチェックになっており、
メーカー完成車よりも、
持って軽く、乗って軽いです。

「高性能・軽量は絶対的に良い」と言う訳では有りませんが、
「性能なんてどうでもよい」という訳でも有りません。
Surlyに何が似合うのか?を考える以上に、自分に何が必要か?
それを考えたなら、こんな仕様もありじゃないか、と思いますが如何でしょう。
クロスチェックバレンタインSPL ¥170,000(54一台のみ)


と、今週形になった3台を一気にご紹介致しました。
c0189724_21585715.jpg
あと、今週はこんなのも。

頂きモノの時計の中身だけ外し、
使いさしのチェーンリングと合体。

良い感じです。
ただ、微妙に時間が分かりません。

しかし、それで別段不便も有りません。
今が昼なのか、夕方なのか、それさえ分かれば。

自分は本日、誕生日を迎えました。
何歳になったかと聞かれた際には・・・ハッキリ分からず数秒間考えてしまいます。
年々、1才の重みが薄らいで行き、
学生時代は絶対的でさえあった、歳が一つ上・一つ下という意味は遠く彼方へ。

反面、確かな事は、今自分が健康に問題も無く、思う様に体が動くと言う事。
思いと動きが同調しているのは、きっと幸せな事で、
やがてその間に、己では如何仕様も無い歪が生まれてしまうまでの時間、
そんな時間の真っただ中、それが分かれば充分な30代です。
by kaleidocycle | 2010-02-15 01:08 | 商品
<< 準備、今日も。 THE お得情報。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧