井戸端監視カメラ



グッズ。

只今、空井戸サイクル3階では、大人の社会見学「アタイのバッグの出来るまで」を開催中。
c0189724_2174768.jpg
手作りって言葉は、良い響きです。
(手作り=良品)と捉えられがちですが、
冷静に考えればそこに何の因果関係がある訳も無く、
ロクでも無い「手作り」も有ります。

例えば、先日見たパキスタン製ホーローヤカンの、
今にも漏れて来そうな、あまりに雑なウェルド痕。
眉間に皺寄せながらも、その駄目さ加減の向こうに、
生きている人が居ると言う、当たり前な事を感じる。


この当たり前って事が、手作りとニアリーイーコール。


作れるって事は有難い事です。
自分では勿論、周りにいる誰かレベルでは作れないモノは幾らでも有りますからね。
そんな幾つもある作れないモノの中で、自分の心の中から消えないコイツ。
名を「セライタリア フライト」と申します。
c0189724_2181010.jpg
ご存知、絶対的な大ヒットサドルな訳ですが、
現在はモデルチェンジを経て、
全く違う形になってしまっています。

コンコルドの様なフォルム、程良い座り心地、
嗚呼、自分でサドルが作れるなら・・・。
と考える程深刻では無いのですが、
年明けの高円寺ビーンズブログを見た所、
復刻版が入荷したとの情報がそこに。

知ったからには、悩む隙など何処にも無く、
即入手致しました。やったー!
価格も当時と変わらぬ¥13,000
未だに横が破れたフライトを愛用しているフライトファンの方は、
是非手に入れるべきです!自分はもう一個買っておこうか真剣に考えていますよ、ええ。
因みに、当店では取り扱い御座いませんが、ご入用であれば手配致します。


作れないモノと言えば、タイヤもやはり作れませんね。
c0189724_2182587.jpg此方は日本タイヤ界の雄 IRCミブロ
詳細についてはIRCをご覧頂きたいのですが、
このタイヤ、異様にリキの入ったタイヤです。

高性能MTBタイヤと言えば?と問えば、
ほぼ誰もが同じ答を返すであろう今の市場で、
敢えてオリジナルコンパウド、敢えて日本国産、
それを通している、ヘンコ頑固タイヤ。

「どんなモンか使ってみたい。」
と言う人は多いと思いますが、それと同時に、
「一本¥8,000オーバーはチョッと・・・。」
と言う人も多かったはず。ええそうでしょうそうでしょう。

そんなミブロ、年明けから価格改定で¥5,500になりました。
コレで完全に他ブランドとの真っ向勝負可能です。
正直、「海外生産によるコストカットか?」と思いましたが、
ビードには今まで通りMade in Japanの文字。

タイヤが坊主になって来ているアナタ。
次のタイヤ何にしますか?ケンダ?マキシス?パナ?まさか・・シュワルベ?
かつてタイヤに「」という名前をつけたIRC、試すには良い価格だと思います。
by kaleidocycle | 2010-01-19 00:12 | 商品
<< 春ルック。 マッケンジー・ジェネレーション。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧