井戸端監視カメラ



マッケンジー・ジェネレーション。

日々、少しずつ商品が増え、少しずつ商品が減って行く当空井戸サイクル。

だもんで、入荷情報~なんてのはある様で無いに等しいのですが、
本日こんなのがやって来ました。
c0189724_23454566.jpg
Inzist SS
¥67,200(税込)


知ってる人は知っている、
タカマツケンジ大先生のブランド、
「Inzist」から送り出された、
ウロツキ用自転車の最終兵器。

ブランキードッグのHPで、
中々の称賛を得ていたこの一台が、
年が明けて、ダラけ気味の空井戸に。


パッと見た感じはビーチクルーザー。
しかし欺かれる事無かれ、
トップチューブを冷静に見ると、
実はストレートで、ビシッとMTB。


c0189724_0285997.jpg
ディスク専用、そしてシングルスピードという、
意外なストイックさがInzist、なのでしょうかね?

135mmエンドのトラックエンドには、
勿論、シングルハブが収まっています。
「勿論」と書きましたが、
六万円台で、コレは中々に有難い事です。

キャリパー取り付け位置も良いですな。


c0189724_0374448.jpg
白いフレームに、白いリム、
白いクランクに、白いペダル。

そこにつくバッシュガードは、
クリアのポリカ。「おっ」って感じ。

因みに、ステムはスチールステムで、
其方も勿論白い、更にはスペーサも白い。
徹底しとるね。

このSSは「MTBをクルーザーテイストに仕上げた」
そんなニュアンスの立ち位置だと思うのですが、
敢えて!コイツにサスを入れ、ブレーキを油圧に変更し、
再度MTBに引き摺り戻してやりたい、そんな気になるのは自分だけでしょうか?


この様に、タカマツケンジ大先生、己が得意ジャンルである4Xやダートジャンプ以外も、
とても気張って活動して居られます。
c0189724_0475848.jpg此方も彼の取り扱い「Rawland」。
自分のMTBの部品をトントンと仮付けしてみました。

イカしてますねぇ、と言うか阿呆ですね~。
シングルスピードツーリングバイクって・・・。
そもそも購買層、どこに居んねんってなモンですよ。
手をグン!と挙げている自分は居ますが。

以前、SurlyのLHTに1x1のエンドを繋いで、
無理矢理作製した事はあるのですが、
こんなジャンルを普通の製品として、
¥89,250で出せるなんて結構凄い事だって・・・、
感じて頂けますかい、兄弟?
c0189724_111254.jpgフォークの肩もえらく個性出してますが、
エンドもたいがいな感じ。

怪獣ですよ、いや海獣なのか?
アクスルを食みます。
どうも、アゴで栓を抜きそうな気配も。

どうです!売れそうでしょう!人気でそうでしょう!そうでしょう!
でも殆ど売れてないはずなんです!だってね、コレ・・・650Bなんです!
(ホイルのサイズが変って事です。)
攻めるねぇ、攻め攻めだねぇ、ただ製品として見るなら、もう少し手を緩めて欲しいなぁ。

c0189724_1112834.jpg
攻めの姿勢の製品を日本に紹介しよう、
そんあ心意気のタカマツケンジ大先生、
先を見る能力に欠けています。

本人は、計算された完璧なプラン、
それ位に考えて居られる様ですが、
傍からは、ダブルバックフリップを見ている気分。

凄い人間です、笑っちゃいます。
ある種、無茶苦茶というアイコンを着こなせる人です。
こういうのは、なろうとしてなれるモノでは無く、才能とやる気、それを兼ね備えなければなれない。
そして、そういう人が居なければ、シーンと言うのは本当につまらんまま進んで行ってしまう。
つまり、なれる人は、なる義務がある、そういう風に自分は考えますから、
大先生が居てくれる事は、本当にありがたい事だと思います。


自分は、タカマツケンジ大先生とは友達でも何でも無い、ただの顔見知りですが、
実は年齢が同じ、そして、InzistSSを布教したブラドのマスターもやはり同い年で、
更には宝ヵ池北のアノ店唯一のスタッフの彼も同い年、マイジェネレーションって奴です。

自分達より、一回り、いや二回り上の年齢がメインの自転車業界において、
我々の年代というのは、やはり新興勢力的一面があります。
少し上の人、ってのが何故か自転車業界では少なくて、
兄貴!ってのが殆ど居らず、突如ダンゴで出て来たこのジェネレーション。

ジジイになった時、後悔する位の勢いで飛ばして行きたいです。
by kaleidocycle | 2010-01-17 01:49 | 商品
<< グッズ。 寒いモンは寒い。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧