井戸端監視カメラ



Resistant x 空井戸 SS。

歳末の慌しさが見え始めた12月25日。
c0189724_164447.jpg








ドカーン!
と、音がしたのか如何なのか。


音は分かりませんが、
それ位の期待と勢いを持って、
本日届いた、此方の地味なバッグ。

そう、コレが、
「Resistant ⅹ 空井戸サイクル」
スペシャルシリーズ。略してSS


嘗て銀輪専売ラインであった、スクールシリーズをベースに、
勝手且つ曖昧な我侭を詰め込んだ、妄想と意地と理想と根性の塊。
c0189724_16151537.jpgc0189724_16155912.jpg

表生地はデニムなのですが、何だか織り方が・・・変なの気付きますか?
見て気付かない人も、現物を手に取れば分かるはず。
それを支えるのは、サンドベージュのベルトに、ミルキーブラウンの畳トリム、
金具は勿論、強くて美しいブラスのバックル。


外だけでなく、フラップを捲ると、
c0189724_1759352.jpgc0189724_1802339.jpg









       内装のタポリンは、少し薄めのモノを使い、
       軽量化しているのにバタつかない。
       そしてインナーポケットは共布で。

コチラは隠し延長ハーネス。
此処はあえて、金属のDカンではなく、使い勝手を考えて樹脂のバックルに。
コレのお陰で、荷物が突発的に増えた時も、無理矢理フラップを括り上げる事が出来ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メッセンジャーバッグは、担いでいるだけでどうにもメッセンジャー風に見えてしまいます。
メッセンジャーバッグとは、それ位強いイメージを持ったアイコンであり、
そのイメージを前に打ち出したバッグは幾らでも有るものの、
反面、便利さ・完成度だけを享受するという事が困難でもあります。

だから、メッセンジャー風に見えない、しかし仕事に使う方向とは違う意味でリアルな、
「メッセンジャーバッグをルーツに持つ、自転車と生活する際最も有能なバッグ」であり、
且つ、使い手への優しさ・地味さ・正確さ・丁寧さ・チラリと見える畳などで日本をアピールし、
此処では書けない、オーナーしか分からない毒っ気も装備されている、
そんなバッグが、とにもかくにもあるべきだと考えるのです。


って、そんな言葉を幾ら並べても、通じる事は何も無いかもしれません。
このカバンは、Resistantの言葉を借りるなら、
コレはバッグでは無く、つくり手の意地がカバンの形してるだけ」ですし、
其処に自分の「そうじゃ無いんだ、違うんだよ・・」というもどかしい気持ちが織り交ぜられた、
もはや呪いに近い念を込められた、魔法アイテムであります。
ただ、目指す所ははただ一点、正しいメッセンジャーバッグの進化(独善)。

見て頂ければ、コイツが耳障りの良いポップでも、青春フォークでもなく、
単音一発のロックであり、怨歌であり、現代音楽である事が、お分かり頂けると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

邪魔臭い感じでしょ?書いてて自分でもアホ臭いです。
でも、使い手だけ本気のつもりで、作り手が半笑いって商品が溢れる中、
作り手だけがムキになって、使い手は何気なく使う、そんなのもあって良いと思うし、
何よりそれ位であって欲しい、何でも神棚に飾ると変だよ、ってね。


各サイズ、4個ずつ作る予定ですが、とりあえずは2009年滑り込みで各1完成。
c0189724_18185429.jpg
・ヒップハンガー  今回分完売
 ¥11,550

・タスキー  今回分完売
 ¥18,900
 
・ロースクール  今回分完売
 ¥22,890

・ハイスクール  今回分完売
 ¥23,730

・オールドスクール  今回分完売
 ¥26,040

様々なスペシャルの塊ですが、
勝手にやった事なので、
価格をお客様に転嫁はせず、
スタンダードな価格でご提供。

まぁ本来は空井戸サイクルオープニング記念企画だったんですけどね。
ズレにズレて一年半、そんな開発期間を超え、ついにお目見えです!



この独特の生地をこの形状に縫い上げるのには、
様々な工夫と苦労があったそうです。
我侭に付き合ってくれたResistantに感謝。

因みにオーナーだけが楽しめるギミックは、
「裏見の滝」と言います。(命名Resistant)


また、このバッグは空井戸がResistantに依頼したものですが、
実は他に生地をつくってくれた人が居り、
正しくは「Resistant x ???? x 空井戸」です。
此方も、本当に有難う御座いました。


ホンマ・・・字でこのバッグを説明し切るにはまだまだ足りません。
by kaleidocycle | 2009-12-25 19:37 | 商品
<< 目的は一つ。 準備クス。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧