井戸端監視カメラ



夜長。

秋の夜長、如何お過ごしですか?
「そんなモン、寝て過すのが一番に決まってんだろ。」
そうとも思いますが、意識の有る時には有る時なりの楽しみも有ります。

この連休に東京で開催されたBFFを見る事が出来ず、悔し涙を呑んだ自分は、
昨晩早々に眠る事無く、奥さんの借りて来たDVDを見て過ごしました。
タイトルは「青髭」

城に住む醜い金持ちの男「青髭」と結婚した女の子は、城の全ての部屋の鍵を託され、
ある秘密の部屋だけは開けてはいけない、という約束の下、全て好きに使って良い事を許される。
しかし、青髭が留守のある日、女の子は好奇心に負け、秘密の部屋の扉を開けてしまう。
そこには、昔行方不明になった、青髭の前妻の死体が・・・。
c0189724_1456527.jpg

で、チャンチャンバラバラの後ハッピーエンドと相成る、そんな童話ですね。
原作の童話で受けるイメージは「青髭、悪い鬼だね」「女の子、愚かだね」と、
凡そ単純なモノとなると思うのですが、
この映画では、ジトーっとしたスローペースの中、
イヤラシイまでの奥行きをもって、耽美な独自解釈をみせます。


青髭は決して極悪な鬼などでは無く、ただ嘘に絶望している孤独な人間であり、
女の子もやはり、決して愚かでは無く、
子供故の純真さと鋭さを持つけれど、秘密の扉を開ける事で、子供から女性へと変化し、
その変化の付随物としての好まざる嘘をついてしまっただけ。

何処にも悪い人など居ない。
居るとすれば、自己都合を軸に動く、全ての人が悪である。
そんな感じなのでしょうかね?


次から次へとワクワクドキドキ!という感じでは全く無く、
かなりノンビリした展開を、じーっと見入って浸るタイプなので、
眠れぬ静かな秋の夜、暇が出来てしまった人間には良い映画でした。

興味を持って「見たろう!」と思われた方、
ダラダラした展開に飽きる事無く(覇王別姫が我慢出来るなら大丈夫!)ご覧頂ければ、
最後には必ず、コッテリした演技に釘付けになる事請け合いです。



己の趣味を他人様へ押し付けるってのは、ナンセンス極まりないですが、
暇で暇で仕方ない夜の参考までに、ね。





そう、秋にはコッテリしたモノが似合います。
c0189724_15373718.jpg
こんなのも、とてもコッテリ。

内容は到ってシンプル。
ある国の手違いで、
核ミサイルが東京へ向けて発射された。
それを知った人達は、最後に残された時間を、
どう受け入れるのか?

読み始めから重厚、最後は昭和的重厚。


おっもしろいぞ~。
by kaleidocycle | 2009-11-23 23:25 | 無駄
<< 都都逸。 頼りナイアガラ。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧