井戸端監視カメラ



秋の終りか始まりか。

良い季節です。
c0189724_19595562.jpg


紅葉と言うには、
流石にまだ早い。

冬になりかけたけど、
順番的には先に紅葉。



紅葉まだまだって事は、
寒さもまだ偽物って事。


山の向こうはどないだ?



c0189724_1956027.jpg




自動ではない。



だから「元自販機」。



元の木阿弥、か。



c0189724_201543.jpg


渓谷美。
と言うにはまだ浅い染まり。

けど、写真には写らない様な、
渓谷美の雰囲気は確かに。



c0189724_2023898.jpg


風も無く、気温も安定し、
凄く走り易い日。


横風が無いモンで、
飛んで来た枯葉が、
走行風で足に張り付く。

漕いでも漕いでも、
綺麗にピターンと。



c0189724_2034426.jpg



ちゃんと自動で販売してくれる、
自販機で水分補給した際、
釣り銭を取ろうとすると、
パリっとした、サワっとした、
結構嫌な手触り。

手元を検めると
釣り銭とカメムシがそこに。



c0189724_2041295.jpg

一日に何人訪れるのか?
そんな場所に有る神社でも、
今はイチョウで明るい。

あと一月もすれば、
今度は雪で明るくなるはず。



c0189724_2045888.jpg

汗かき、うつむき、
峠を上る、
目線の先にはカニ。


沢とは反対方向へ歩む。
反対だ、と沢に放り込みたい所。
しかし、カニはカニで事情もあろうし、
事情無くとも、己が能力で生きる事を、
邪魔した所で、何になる。

カニよ、精々生きよ。
と、また汗かき、うつむき、
上り続ける。



c0189724_2053163.jpg
道路の脇に雪玉。

今日は温いけど、
数日前は雪降った証拠。



今日は快適に走れても、
明日はもう、来週はもう、
雪で走れなくなるかもしれない。

勿論、体の調子を崩して、
走れなくなるかもしれないし、
明日も同じに此処を通れる保証は、
何処にも無い。

だから生き急ぐ。
だから走るし、だから上るし、
だから汗かくし、時にうつむく。

で、結果的にそれが心地良い。誰の為でも、何の為でもある訳無い。
by kaleidocycle | 2009-11-06 22:21 | 無駄
<< 例えばこんなにEBSっさん フ... たとえばこんなEBSっさん カゴ編。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧