井戸端監視カメラ



ペダル地獄。

自宅のパソコンが、パソコンとしての能力を発揮しなくなりました。

突如始まったパソコンの無い生活。
細々した仕事の続きが自宅で出来ない。日記も書けない。世間の動向にも疎くなる。
けれど、慣れれば結構それはそれ。快適でもあります。
c0189724_22131970.jpg
早寝早起きの結果、カメムシ探しの旅に出る余裕も生まれましたし。


と、こんな事を人様にアッピールしている場合では無くて、
店頭の動向を皆様にお伝えするが故の監視カメラです。

ここ数日で「おぉ」と思った事は、まず、
c0189724_22195710.jpg


突如登場、
EBSのオリジナルエンド。

スロットちょい長めの、
ハンガー付き正爪形状。


地味なEBSに、
一味加えるこのエンド。
コレを使って、アレして、
コレして、ナニをドウして・・・。

想像膨らむ、強い味方の登場です。




色を流しても良い感じに仕上がりそうですが、
こういう鉄の地ってのは・・・何でこうも雰囲気あるんでしょう。
良いか悪いか、人によって受け取り方は其々でしょうが、
「作った!」という匂いが残って居るのは、個人的に好ましいと感じます。

だから、こういう、
c0189724_22374141.jpg


ペダル一つとっても、
「匂い」を見付けるに、
嬉しくなってしまいます。




ホワイトインダストリーズの「アーバンペダル」。
価格は驚きの¥27,300!ひゃぁ~高級だ~!(コレでも他所様より結構安く出してます・・・)
c0189724_224020100.jpg
高級だ、とても買えない、
いや、買う意味が分からない。

それも当然な意見です。
しかし、最高の自転車を組んだ時、
最期に嵌め込むピースとして、
こういう雰囲気のあるペダルが、
世の中に幾つ選択肢としてあるのか?

素材が高い、レアだから高い、
そういう事じゃ無いんです。

削りだされた、ベロの緩やかなアール。
こういう点に・・・ドキっとしてしまうなら、
それが存在価値で、あとは、
対価として納得行くか行かないか。
ただ、納得行こうと行くまいと、存在しなければ評価出来ない。
だから、有る事が有り難い。


左奥に見えるは、現在恐らく最高峰(勝手な判断)のフラットペダル、
プロファイルレーシング ガスペダル。
こちらもたいがい高価な¥18,900。
c0189724_22594828.jpgドンドン薄型化が進む、
フラットペダル。

一度使うと、
以前のペダルには、
中々戻り辛いほど、
薄型の恩恵は大きい。

しかし同時に、
ベアリングの小径化、
乃至はブッシュ化により、
ベアリング寿命は、
短く為らざるを得ない。

だから使い捨てる。
それで良いのか?
良く無いわい!

気に入ったなら、
とことん延命、これ当然。

だから、こんな高級ペダルには、使い勝手が良い・格好が良い、それ以外に、
リペアパーツを用意している、つまり「永く使うやろ?」という前提が有る、
それもまた性能の一つ。

上の画像の、ペダル軸とプレートの間の、
銀色のカラーが、テーパー状になっているのが分かりますか?
薄型ペダルを使った人なら誰でも分かる、「あっ!」という工夫です。

痒い所に手が届く、いや、届かせてくれるか如何かの価値は、
簡単に目に見える所や、重さや価格やブランドネームだけでは、
中々はかれないかもしれない、そう思わすポイントです。



そう、良いと言うのは一つの基準では無く、
「何処から見て」という視点無くして、生まれ得ない。
だから、薄型礼賛の流れの中でさえ、
c0189724_2319635.jpg
ここまで分厚い、
こんなペダルでも、
存在感は消える事は無い。


説明の必要も無い、
高級ペダルのアイコン
「クルッピ ラウンドペダル」
¥19,740

凄いペダルと言えば、
自分の中ではコレでした。


高性能を求めるなら、形は変わって行くのでしょうが、
「此処で良い」と、己の立ち位置を見つけた物の、
普遍的な美しさと言うのが、此処には確かにあります。



けっして高級ペダルを礼賛したい訳では有りません。
安くて、自分の「希望に副う」なら其れにこした事はありませんしね。

ただ、高いから駄目だという問題でも、反対に、高いから良いと言う問題でも無く、
一番大事な、己の「希望に副うのか?」その事が第一なのが、
「趣味」って奴だと思いますので、こういう選択肢が有る事は、
こんな駄文を最期まで目を通す程に自転車に関心の有るアナタにとって、
きっと良い事だ、そう思うのです。
by kaleidocycle | 2009-10-22 23:35 | 商品
<< 後の祭りの後。 相応。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧