井戸端監視カメラ



点検&ホトトギス。

台風一過と言っても、市内は何の変化も無くて、
ただ、寒い、妙に寒い、それだけ。

しかし、山の中も同じとは限らない。、
道が落ちていたり、木が倒れ通せんぼしていたりして、
MTB遊びの邪魔になる様な事になっているかもしれない。

だから、偵察へ。
c0189724_12553513.jpg


少し静かな辺りまで来ると、
風で落ちたと思しき杉の葉で、
道の茶色さ2割増し。(平常比)

台風が10回位連続で来ると、
アスファルトはやがて、
地層の一部と化すかもしれない。

なんて事はまず無い。


c0189724_12555870.jpg

舗装路が終わると、
路傍にアケビがごろり。

掴んで見ると、
蟻がせっせと食事中。


根を張れよ、とばかり、
川向うに放り投げて後、
「あ」と思う。

蟻は巣に戻れるのだろうか?
戻れないだろうなぁ・・・。
すまぬ、蟻。
その地で栄えてくれ。



c0189724_12561566.jpg

秋だから。
栗が落ちるのは当然。

それに加え、大風吹いたモンだから、
栗の木の下は、
栗栗栗の栗ベルベット。

ここでプロレスごっこをしたら、
デスマッチやね。





山の上ってのは、何でこうも気分良いでしょうかね、ほんまに。
c0189724_12564874.jpg
顎を上に上げて視界が広がって行くに従い、
世界の上下は入れ替わって、スカッと広い空に自分が居る様に思えるからか。
そんな事置いていたとしても、秋の空は良い。



c0189724_12572625.jpg

豪快に伐り倒された杉。

勿論、コレは台風の所為では無く、
人が伐り倒して、
運ばれるのを待つ分。


林業に特に興味がある訳でなくとも、
京都でMTB乗るからには、
気にせずには居られない林業。

今の日本の林業は・・・大変らしい。
放置される人工林がとても多いそう。

だから、こうして伐られた木を見ると、
やや嬉しい気分になる。

木の精に呪われようとも嬉しい。
c0189724_12574257.jpg

そんな現場の横に落ちていた缶。
「ハスクバーナ」

オートバイに乗る人間であれば、
この名前から連想するのは、
とても厳ついモトのはず。

でも山の中では、
とてもメジャーなチェーンソー。
仕事を助ける使える野郎。

いかついだけじゃ、ないんやね。



まぁそんなこんなで、此方の林道、台風による被害無しで御座いました。
異常が有ったとするなら、
c0189724_12581778.jpg

この、ギリギリのバランスで、
岩の天辺に乗っかっている丸太。

恐らく台風の雨で水嵩が増した時、
流されて来て、何かの拍子に、
バランスよく乗ったのでしょう。


落ちて流される所を見たい。
いや、流されぬなら、
流してみようホトトギス。

川に降りて棒で一突き!

でも、誤って自分が流されると大変なので、
石でも放ろうホトトギス。
by kaleidocycle | 2009-10-10 23:57 | 無駄
<< 皮上脂肪。 2010年展示会 その5。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧