井戸端監視カメラ



ムンムン。

「夏の朝のサイクリング」
というと、とても爽やかな印象です。

が、昨今の現実は、朝でも昼でも、勿論晩でも蒸し蒸し暑い。
そんな中、全身の毛穴という毛穴を全開にして、体中の水分を放出し、
意識も混濁しようかという体でペダルを回す、と言うのでは、
最早、娯楽なのか拷問なのか、それさえ怪しいかもしれません。

c0189724_14282429.jpg

しかし、
皮膚表面を覆い尽くした汗が、
風で飛ばされて行くその間は、
避暑地に居る様な、
快適な気分が味わえます。

下り坂が終わるまで、
その間だけなんですが。











それでも山へ入れば冷気が、
c0189724_14251834.jpg
吹くかと思いきや、
湿気ムンムンです。

ムンムン気分は夜だけで充分。
朝から山中でムンムンしちゃうと、
女の子ではなく、虫にモテモテ。



汗、
かいたり乾いたり、
かいたり乾いたり。

している内に不思議と、
汗が気にならなくなって来ます。

もう汗なんてどうでもいいや。
そういう事なんでしょうね。


c0189724_13254127.jpg

あ。
降って来た・・・。

それでも、
汗に塗れて居るから、
然程影響も無し。


雨で緩んだ道は、
飛ばしても面白くないから、
滑らない様、
そして、轍をつけない様、
散歩する様なペースで、
ゴソゴソ走る。

鹿が鳴いている。
鹿の鳴き声は、
拍子木の音に似ている。

c0189724_1554190.jpg





自転車に乗るという行為は、
やっぱりスポーツだから、
ついつい力んで漕いでしまう。

力めば力む程に、
「自転車」は「バイク」に変わっていく。

何か、そんな気がします。







バイクと呼んでも別に良いんだけれど、
走る事だけが目的では無く、未だに遮断機の無い踏切を見て喜ぶ、
そんな事も目的とする自分にとっては、やはりバイクではなく自転車なので、
頭を冷やす為の雨は、中々に有り難いと思うのです。
by kaleidocycle | 2009-07-25 23:00 | 無駄
<< Surly‐News。 ビッグダ見。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧