井戸端監視カメラ



丹後へGo。

自転車の盛り上がった先週末の京都市内。



その時、自転車屋の自分は、
c0189724_20283331.jpg

家内とオートバイに二人乗り、
丹後半島中央部にて、廃村探しをしていました。



丹後半島、良い所です。
子供の頃から慣れ親しんだ積りですが、
大人になって改めて見ると、とても魅力的な土地である事に気付きます。

舟屋で有名な伊根町では、舟屋よりも、
c0189724_20402636.jpg
こんな堪らなく魅力的な電気屋さんが、
ポツポツあったりするので、
つい気を取られ脇見してしまいます。

















そうです、丹後半島は「シブい」のです。
こう在るのは、都会と呼ばれる土地とは、山に隔てられ、
交流は可能なれど、「簡易」ではない為でしょう、
見るべきモノが在るのでは無く、そこかしこが見るべき存在です。

勿論、古いだけが見るモノではなく、こんな、
c0189724_20483948.jpg

「お、MTBのコースか?」と思いそうなスロープも、
c0189724_20494389.jpg

牛を放し飼いにしている山だったりして、興奮します。



畑と牛と鶏と、廃墟は至る所に在り、

c0189724_2105214.jpg

新しいモノ、と言えるモノは、本当に少ない土地です。



時間が止まるのではなく、時間が澱んでいる所が多々在る。
海沿いの、もう使われなくなった海の家であったろう建物の外に、
読みかけのまま捨てられた週刊少年ジャンプ。
c0189724_2056549.jpg

こ、これは・・・「ひかる!チャチャチャ!!」。
自分が中学生の頃に連載していた漫画に、こんな所で再会するとは・・・。



古いモノは、時間と共に見る機会が減るので、
今見なければ、二度と見る事が出来ないかもしれない。
その様な、非常に貧乏臭い考えというか、ビビり心が、
古いモノを、より興味深くさせます。

タイムカプセルの様な丹後半島。
1週間くらいキャンプで篭れば、下界に戻れなくなるかもしれない。
そんな危険を想像する程に、魅力的です。

近く再び、独りで、自転車で!
by kaleidocycle | 2009-06-02 23:19 | 無駄
<< 無意味感想。 真の定休日。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧