井戸端監視カメラ



オキニメス。

本日、オートバイのマフラーを交換しました。

本当はノーマルが一番なんでしょうけどね。
頭では理解しているつもりでも、それでも、ホンの少し・・・何と言うか・・・。
で、いざ変えてみても、昔は普通と思っていた音量のマフラーが、
どうにも耳障りで、なんならうるさいと感じてしまう。
そんな勝手な我侭を解決に導く為に導入した今回の、
c0189724_1114684.jpg

シムズクラフト製 手曲げエキパイ+トラディショナルメガホン
とても美しい曲げのアール。よく消音された丁寧な作りのサイレンサー。
大阪の豊中でオッチャンが一人で作っているそうで、
コレがたったの¥48,000!損得勘定無茶苦茶です。
その製作者たるオッチャンとは面識などは無いのですが、製品に人柄が表れる様に思います。

で、何で自転車屋の日記でオートバイやねん、という話ですが、
ハッキリ言って、どうでも良い事でしょう?自転車屋の兄ちゃんのオートバイなんて。
でも、世の中の事は大体において、他人様には如何でも良い事を、
本人だけが大騒ぎしていると言う事が基本な気がします。



そう、他人様には如何でも良い事。
しかしこのマフラーに替えた時、自分は思う訳ですよ。
「ちょっと・・・乗ってみようか」と。
今までとは違う、ストスト・・ともバスバス!とも言わない、
ルトトントントン、という自分の納得行く小気味良い音を引き連れて走るなら、
きっと何処でも気持ち良いだろうと。

勿論、昨日までも乗りたいという気持ちは有ったけど、
それが寄り明確に、強く、想われる事は確かで、
その事の意義たるやもう・・・。



そう、こういう「乗りたい!」と思わす力、つまり切欠というのは、
人が何かを楽しむ際には非常に重要で、
時に絶対性能を大きく上回る様に思うのです。

ただ、そういった際の基準と言うのはとてもエゴイスティックなモノで、
人様と共有しよう等というのは、甚だ馬鹿げた話です。

しかしですね・・・その「乗りたい!」を高めるアクセラレターの存在、
それ自身についてなら、きっと多くの人が思い当たる節は有るでしょう。



空井戸で扱う自転車は、残念な事にけっして安くは無いです。
なのに、高級車では無いし、高性能でも無いかも知れません。
でも、それでも、曖昧な基準の中で明確に「乗りたい!」と思って頂ける、
そんな自転車を、昨日も今日も明日も、ばら撒いて行きたいのです。

それを「ゆる乗り」や、「チャリ仲間」なんて言葉で逃げるつもりは毛頭御座いません。
c0189724_1271320.jpg

貧乏臭い玄関に光るこの一台を見て、自分は「乗りたい!」と背中を押されます。
上腿部に緊張感を感じます。
全ては此処がなければ始まらん、と、
そんな風にう思うのは、本当の感情なのか、損得勘定か、
考えてしまうほどに、此方は勝手に真剣なのです。

皆さんの、お気に召すが、日本全国で、
皆さんと出会う事を祈って居るのです。馬鹿馬鹿しい程に。



自分は、こういうモノを作る人は、とても偉大だと考えます。
by kaleidocycle | 2009-05-09 21:00 | 無駄
<< 遂に。 GW反動。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧