井戸端監視カメラ



フレームバッグ。

連日良い気候が続きますが、本日、やっと気づきました。
ウェアの棚にある冬物を仕舞うべきである、と言う事を。

日中、店のモップ掛けをしてるだけで額から滴り落ちた汗。
そう、もうTシャツシーズンだったのです。



こうなると、バッグ背負った背中に大きな汗染み作る、
そんな暫く忘れていた不快感も思い出さざるを得ません。

しかし!今年の春にはコレがある。
c0189724_2135925.jpg

予告先発「EveryWareXBagJack フレームバッグ」
昨年から水面下で進められていたEveryWare計画がついに形となり、
本日手元に。

御覧の通り、フレームの前三角の中に嵌るバッグで、
人によっては「懐かしいなぁ」と感じるであろうプロダクツ。
しかし現代に、独BagJackによる製作で、現代人が企画したからには、
嘗ての知られたフレームバッグとは随分違うモノになっているのでは?



様々な前三角形状に幅広く対応する様、絶妙に設定された三角形。
トップチューブにフレームパッドの如くベルクロを巻き付け固定し、
左右の揺れを止める為に、シートチューブにも一点、スナップでクルンと。
後輪とシートチューブのクリアランスが狭いモノでも行けてしまう様に、
スナップで繋ぐハーネスはゴム紐仕様で、金具とタイヤの接触を回避。

生地自体は勿論、止水ジッパで水対策もバッチリグー。
左右ジッパのダブルエントリーで、右利き・左利き問わず。
c0189724_21491670.jpg
バッグを持たずに走りに行く時、
サドルバッグではやや足りない、
と言うかそもそも付けるの邪魔臭い。
そんな隙間を埋めるに足る一撃。

工具が入る
ポンプが入る
地図が入る
シャツも入る
タオルも入る

つい買ってしまった、
自分土産の酒も楽々入る。







c0189724_21532330.jpg
因みに、750mlのワイン一瓶入れて、
上から見るとこんな感じ。

結構邪魔にならなくて、
充分漕げる感じでしょう?















自転車おりて、ぽぽっと外すと、
c0189724_2156412.jpg

そこにベルトが。
スティーブ・ヴァイのギターで言うところの「モンキーグリップ」。
か、どうかは知らんけど、
集金のオッサンみたいに小脇に抱えなくて済むのは有難い。




c0189724_2223876.jpg
価格は¥15,000。

気になるお色は、
・カモ
・ネイビー
・白
・オリーブ
そして手前が
・黒白

定額給付金を
ベースに考えれば、
追加¥3,000。


こんなモノが、10個も20個も入荷している訳は無いです。
とりあえず各色作って貰いましたので、
「あっ」と思って、そして定額給付金をまだ使っていないなら、
明日にでも見に来ない理由は無いと思いますぜ、ええ。
by kaleidocycle | 2009-04-12 22:19 | 商品
<< 確認報告。 給付金の行方(序)。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧