井戸端監視カメラ



鎧。

良い天気の見本たる本日。
c0189724_1938943.jpg

昨日「讃岐うどんツアー」の計画を練っていた面子にとっては、
「大当たり」な一日だったはず。



しかし、高気圧に覆われる日は、
朝はとても寒いのに、日中は汗ばむという、
服装の選択如何を問われ易い日とも取れる。

そんな日を快適に過す為の、
c0189724_209491.jpg
c0189724_20133726.jpg
















c0189724_20122841.jpg
ナリフリ  [ポケッタブルJKT]  ¥18,900

風にそよぐサラッとした一枚。
なれど、袖口に指貫、被りの深いフードを持ち、
朝晩の冷たい外気と、体の間で、
一枚の砦となってくれる。

朝の出掛けにパッと羽織り、
太陽と体温の上昇と共に、邪魔者になったなら、
クルクルたたんで、
右肩部分にあるポケットごと引っくり返せば、
その名の通り、ポケットサイズ。
で、バッグの隅へ放り込み、
やがて来る日没の出番を待つ。
そんな一枚。
全3色、店頭にスタンバイ済み。



で、脱いだその下から出て来るべき、
c0189724_21313137.jpg
CCP  [LT-W007]  ¥10,290

背面を長く取っている為、
バタつかないタイトめなデザインながら、
背中がツンツルテンになる事も無い。

そんな自転車に乗る人間にとって、
当然であって欲しい事を適える、
普通のパーカー。

ベージュがS、
カラシ色がM、
ワインがL。




脱いだポケッタブルJKTは、
背面にポケットに入れるが好し。




あと現在、個人的に愛用しているのが、
c0189724_22352957.jpg
ナリフリ [フィールドJKT] ¥40,950

パッと見た感じ、何処にでもありそうで、
実は自転車生活に密着した一枚。

3レイヤー生地で、雨が降っても、
寧ろ嬉しくなる様な無敵感。
雨天に漕いで、体温上っても、
腕の下に大きく開くベンチがある。

勿論晴天時も、朝昼晩の気温差に、
この腕下ベンチと、首元の塩梅で、
かなり幅広く対応可能。

こういう、「いかにも山!」でも、
「いかにも自転車!」でも、
「いかにもお洒落!」でも無く、
目立たない地味さ加減、それでいて、
確実に利便性で応えてくれるってのは、
とても好みなのですが、如何でしょう?



防寒であり、防雨であるという事は、
対候であると言う事。
体を晒さざるを得ない自転車という移動具において、
気候の変化は必ず付き合って行かなければいけない問題。

だから、
c0189724_23144196.jpg
こんな、
「節分に食べる恵方巻」
ではなくして、
「膝から上の前面だけを覆う合羽」
と言う様な、一見阿呆なブツをも、真剣に吟味し、
カバンの底に仕舞うという行為にも、
思いも寄らぬ変化の中を、
快適に過す分岐点が、
隠れているかもしれないのです。


因みにコレは「レインレッグス」と言います。
折り畳まれてカバンの底に潜み、
若しかして頼りになる!
かもしれない奴なのです。




これから花見に夜走り、イベント、その他諸々、
朝と無く昼と無く外に出てしまう日が続く事でしょう。
そんな時、洟を啜りながら、汗を垂らしながら、雨に濡れながら、
これらのブツを思い出してやって下さい。

少しは興味が湧くかもしれません。
by kaleidocycle | 2009-03-30 20:46 | 商品
<< 嘘、かむかむ。 変化バンザイ。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧