井戸端監視カメラ



迂回ルート。

c0189724_20754.jpg
自転車を御注文頂く、と言えば、
完成車が圧倒的多数のはずですが、
弊店においては少数派だったりします。

フレームから組むのと完成車、
どちらの作業が楽だと思いますか?
完成車だと思った人!ブッブーです。

この度、有り難くも頂戴した御注文はSalsa/fargoのGX組み完成車。
届いた箱を開けたらまずはホイルを取り出し、何は無くともチェックチェックであります。c0189724_2072071.jpg

実はホイルは完成車の鬼門でありまして、
多くのモノが「形になってるだけ」だったり。

今回の分もセンターがズレているのは勿論、
スポークのテンションがてんでバラバラ。

現在は振れ無く真っ直ぐだったとしても、
コレでは走っている内にドンドン振れますから、
テンションを均一に近付けながら、
同時にホイルの芯も出して行きます。

難しい作業という訳では無いのですが、少々手間は喰います。
実際問題、一から組んだ方が確実&早いだろうなと思う感じですね。

ホイルのテンション&バランス取りが終わったらハブのチェックも忘れずに。
ロックナット?そんなモン、締まってると信じる方がどうかしてます。


お次はヘッドセット
圧入してくれているのは有り難いのですが、マーク位置が・・・チョッとズレてますね。
c0189724_2073833.jpgc0189724_207492.jpg



性能には関係ありませんから文句言う積りは無いけれど、
気にならないか?と言われりゃ気になりますので、
ワンを傷つけない様にソロソロ慎重に抜いてからマークを正面にして圧入。


フレームの下処理も完成車だからしなくて良い、という事は無く、
組み上げて行く自分が楽&確実に作業する為の御挨拶的な感じで、
刃物でシュリシュリシュリシュリ切ってまいりましょう。
c0189724_2075817.jpgc0189724_2081825.jpg





近頃の完成車はワイヤ長も比較的適切な長さで切り揃えられていますが、
そのまま組んでパーフェクト!と言える事は非常に稀です。
なので通っているワイヤを一旦全て抜いて、適切な長さに切り直し、
端面にヤスリをかけて面を出して、秘密のスルスル化を行い再度張る。

その後、ナンジャモンジャして完成。
c0189724_2083922.jpg



c0189724_2085731.jpg
と、この様にですね、
やる作業はフレーム組みと同じで、
寧ろ修正作業がある分だけ、
完成車の方が手間が掛かるのです。

しかし完成車には完成車の魅力があり、
今回の様にSramコンポで組む場合は、
やはりリーズナブルである事は確か。

完成車の中には「何でこんなん使うねん・・・」という部品が混じってるのもありますが、
ファーゴ-GX完成車は結構突っ込み所が無くて、中々良いアッセンブルでした。

世の中の完成車が皆これくらいの感じなら、弊店ももっと完成車推すんですけどねぇ・・・。
# by kaleidocycle | 2018-01-18 20:57 | 商品

お父さんアドベンチャー。

c0189724_1911528.jpg
コインランドリーの前を通った時、
フワッと匂う湿気た空気から、
洗剤の香料を抜いた様な雨の匂い。

その匂いに何故反応したのか?
よく分からないけれど目が冴えたので、
完全防水で武装し出掛けた午前5時。

c0189724_19111537.jpg
当然、日が上るまではまだまだ時間があり、
目の前も東の空も等しく真っ黒けっけ。

毎日の通勤では過剰とも思える明るさのライトが、
闇夜に白いレーザービームを放てども、
街灯など無い夜の峠では実に心細そ~い。


視界が効く極近くのみを睨み続けながら、
ワンツーワンツー、ペダル漕ぐ漕ぐ。

c0189724_19123924.jpg
トレイルに辿り着く頃、やっと空は白み始めるも、
木立の中には光は届かず、やはり暗いまま。

うむ、ゴシックメタルのPVみたいな世界観。


視界が効かないので、雨で顔が濡れてるのか?
それとも地面からの巻上げで濡れているのか?
よう分からんままにガッコンガッコン行くのが、
「楽しい」と感じてしまうのは何故でしょう?

c0189724_19125192.jpg
時間なぞ一切気にせず、
時に営業時間さえも無視して、
好き放題走れた過去も遠く、
幼児と乳幼児に魂捧げた現在。

走るのには悪条件下だからこそ、
無心になって走れて楽しいのかも。

さぁ坊ちゃん起こす時間も近付いて来たからそろそろ帰るか。
赤ん坊の朝御飯は何したろう?ニンジンスープでも作るか?それとも冬瓜炊いたるか?
c0189724_191305.jpg



父親のアドベンチャーは消える事無く、細く仄かに続くのです。
いつかまた燃え盛るその日を待ちながら。
# by kaleidocycle | 2018-01-17 20:32 | 無駄

アンチ・ガッカライズド。

c0189724_20442265.jpg

修繕依頼を出していたフレームを、
取りに行って来た昨日の定休日。

此奴を修理に持って行ったのは、
前回の定休日なので・・・、
なんと4日でパイプ差し替え終了。

仕事が早い!

いや、確かに始めてしまえば1日掛かる様な作業ではありませんが、
それでもアナタ、何と申しますか・・・べらぼうに早いですね。


c0189724_20443733.jpg
混み合う作業の合間を縫って、
少し無理して仕上げて頂いたと思うのですが、
間に入っている人間としては非常に助かります。

お客さんの「まだ出来ないの・・・はぁ~・・・」と、
ガッカリしてる顔は見たくないですからねぇ。


因みに此方は2017年度一番ガッカリした
遊園地の食堂のチキンライスです。


早い・遅いだけがガッカリの元ではありませんが、
少なくとも「遅い」と指摘されて後ろめたい様な事は避けたい、
そう願いつつもそろそろ帰ろうとしているワタクシ、自分本位で後ろめたい。
# by kaleidocycle | 2018-01-16 21:16 | 無駄

パラダイナモシフト。

チビっとだけですが京都市内に雪が積もりました。
滅多に積もらない雪ですから、寒かろうと何だろうと嬉しくなります。
c0189724_18533276.jpg



c0189724_18541230.jpg

犬も喜び庭駆け回るはずです、
ホラ、あそこのマルチーズも、
パッと飛び出して来るん違います?

路面が滑るので慎重に慎重に、
警戒しながら近付いて行くと・・・。

c0189724_18542172.jpg
マルチーズじゃ・・・ないですね。

おっかしいなぁ~、マルチーズに見えたんやけど。
オッサン化と共に目が悪くなって来たのでしょうか?

そもそも動体視力が異常に悪く、
以前動体視力検査をした際には、
検査員さんに「ふざけないで真剣に」と、
理不尽に叱られた事もある私ですから、
今後は更なる視界確保に努めるべきでしょう。

c0189724_1854363.jpg
そんな視力劣化著しいオッサンが、
今巷で大ブームだと言ったら、
貴方は信じますか?信じませんか?

私は信じません。
しかしそんなホラでも考えてみねば、
ハブダイナモの相談が急増している、
この異常事態の説明がつかんのです。

私も一応ハブダイナモ装着車両に乗っていますが、
「最高だね!」みたいな気分は微塵もありません。
まぁ走ってる限りとりあえず前を照らしてくれるから良いんじゃね?位の感じ。

今時はバッテリーライトの方が安価で明るいライトを選べますからねぇ。
コストバリューで言うとハブダイナモは如何考えても劣勢です。
c0189724_18551747.jpg
では何故ハブダイナモなのか?

それはメガネに例えると分かり易く、
目が悪い人が出かける時にメガネを忘れる、
そんな事を想像すると・・・あな恐ろしや。

それと同じく、夜間ライトが無い事を想像すると、
鶏並みの夜間視力になったオッサンにとっては、
平和な街角でさえも闇夜のジャングル同然。
故にハブダイナモ、アイウォンチューなのかと。

c0189724_1855222.jpg
趣味性も盛り込んで豪華にシュミット!
とかを選ぶ自由は当然ありますが、
メガネがJINS(¥8,000)の私は、
ディスク対応・クイック仕様で¥5,520と、
とにかく安い「3D32」がお勧め。

見た目がチープ?重量が重い?
ハブダイナモに何を求めるか、ですよ。

c0189724_18571987.jpg
このハブをベースに安いリムで組めば、
スポーク&工賃合わせて¥13,000程度。

現在のホイルをバラしてリム再利用すれば、
¥11,000でお釣りが来ます。


とは言え別途ライト体も必要ですので、
何だかんだで¥15,000以上必要。
それだけ予算があれば強烈に明るい、
充電式のバッテリーライトが買えます。

「それでも何でもハブダイナモなんだよ!バカヤロウ!」という人が、
急に増えだした感のある昨今、地球に何かが起きているのかもしれません。

パラダイムシフトの先頭を突っ走ろうという新ハブダイナモ主義の方は、
是非ハブダイナモでのホイル組みを御用命下さいませ。
# by kaleidocycle | 2018-01-14 19:45 | 駄情報

開け心の。

c0189724_20281683.jpg
フレームの修繕を依頼しに、
久し振りにEBSの工房へ行ってきました。

労働環境が随分と改善され、
この厳しい寒さの中でも、
快適に作業出来そうな状態に。

c0189724_20283274.jpg




c0189724_2028484.jpg
で、そんな作業場の隅に鎮座する一台。
おぉ、コレが噂の「tobira」って奴ですな。

国産フレームで完成車¥10万、という、
平成の世とは思えぬ価格を打ち出す、
EBSのセカンドブランド・トビラ。

シンプルでスタンダード!ではなく、
ヘッドもシートもベタベタに寝ており、
嘗ての運搬車を彷彿とさせます。

チョッと乗らせて貰った所、そのハンドリングは意外にも・・・見た目のまんまで、
フロントラックに荷物を積んで、トロ~ンと走るのに良さげなクリームテイスト。

c0189724_20291240.jpg

ロードエンドなので多段化も可能ですが、
シングルのままの方が「っぽい」かと。


ママチャリ以上、趣味の自転車未満、
その隙間を開く新ブランド・トビラ。

休みの日にチェーンを磨きたくなる、
そんな普通車として受け入れられたなら、
なんか・・・良いなぁと思いますねぇ。

とか考えながら乗りっ放しで暗黒状態に陥ったシングルスピードのハブをバラす本日、寒い。
# by kaleidocycle | 2018-01-12 21:14 | 商品


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧