井戸端監視カメラ



ルール説明。

供養してますかっ!元気があれば供養も出来る・・・エグゾッ!
ってなお盆真っ盛りの中ではありますが、お経ではなく復活の呪文を唱えております。
c0189724_19362154.jpgc0189724_19363079.jpg


c0189724_19373930.jpg
この車両、無事復活と相成るや否や?
という結果は盆明けに持ち越しですので、
まずは明後日に迫った弊店唯一の恒例行事、
「送り火を愛でる会」のルールについて、
今一度纏めさせて頂きたいと思います。


①参加費&飲料無料
ビールやジュースといった飲み物は、
弊店が御用意させて頂いた分に加え、
顧客様より頂きました寄付分もありますので、
楽しく&景気良くジャンジャン呑んで下さいませ。

c0189724_1937498.jpg
②出来れば持って来て欲しい物
冷蔵庫に入り切らない飲料を、
当日タライに入れて急冷する為には、
大量の氷が必要となります。

なので、ペットボトルを凍らせるとか、
スーパーで氷貰って来るとか、
何かしら氷をお持ち頂ければ幸いです。

c0189724_19383576.jpg
③持ってきた方が良い物
暑さ凌ぎにビニールプールを出します。
以前は日中子供を遊ばす為、
夜はビール冷やす為と使い回しましたが、
周りの子供達がも大きくなって来たので、
今年は大人も入れる大きめプールに進化。

気になる人は水着やタオル持参の事。

c0189724_19392149.jpg
④参加にあたっての心構え。
主目的は屋上から送り火を眺める事。
ですが眺めようが呑もうが食おうが、
ダラダラしようがそんなモン自由です。

ただ特別なお世話などはしませんので、
自ら能動的に場を楽しんで頂ける、
自立した精神を必ずお持ち下さいませ。

その他、呑んで人様にからむ事無かれとか、呑み残しの缶を放置する事無かれとか、
まぁ常識的な事は言わずもがなでお願いしたい所であります。
c0189724_19393553.jpg

別に弊店の顧客さんじゃなくでも全然構いません。
偶然京都に来ているサイクリストとか、
そんな方は寧ろ歓迎、是非来て頂きたい。

盆の終わりにプールに浸かって涼み、
暗闇にチラチラ光る送り火を眺めながら、
ビールを呑んで見知らぬ同好の士と話をしたり、
久し振りに会う人と肩叩き合ったり。

悪かぁ無いですよ多分、ええ。

天気予報はイマイチのままですけど、一昨年・昨年みたいな豪雨よりかはマシでしょう。
泣いても笑っても年に一度の送り火で御座います、お暇な方は是非御参加下さい。

「五山の送り火を愛でる会@空井戸サイクル」
8月16日 午後の適当な時間~眠たくなるまで

# by kaleidocycle | 2017-08-14 20:46 | 駄情報

サービス部。

c0189724_1732383.jpg
お盆休みとは無縁・平常どおりの弊店ですが、
息子はそいういうわけにも行かず、
夏休みの時間を持て余している模様。

一生に一度しかない3歳の夏、
せめて午前中だけでも夏っぽさをという事で、
「魚捕りに行こう」と鴨川へと誘い出した今朝。

が、幼児に捕まるような間抜けな魚は居らず、
水面でチョロチョロ揺れる魚影をよそに、
堰作ったり流れたりと水遊びをするのみ。

親父のサービスで少し気がすんだ息子を自宅に連れて帰ったなら、
続いて弊店としては唯一の顧客サービスと言える「送り火を愛でる会」の買出しに。
c0189724_17331053.jpgc0189724_17332338.jpg



c0189724_1733569.jpg
そして弊店のチッコイ冷蔵庫に、
詰め込めるだけビッチリ詰め込む。

温度設定のダイアルを全開に捻ったなら、
冷却効率などという小賢しい事は、
一切考えずに積むべし積むべし。


あとは送り火が行われる16日まで、
冷やし続ければ準備OK、完璧。

と、なるはずが・・・。

16日は曇りのち雨、降水確率60%との予報。
c0189724_17341044.jpg


c0189724_17342752.jpg
一昨年は豪雨、昨年も突発的な雨、
ならば今年こそは!と思っていましたが・・・。

いや、予報はあくまで予報。
予報がスカッと晴れに変わる可能性もあるし、
そもそも降らない可能性も!神よ~!


周りの子供も大きくなって来た事ですから、
愛でる会の日に店の前に出すプールも、
無駄にデカイ3mのとか用意してるんですけど、
雨が降ると、降雨量を測る桶と化すやもしれぬ。

さぁ天気はどうなる?五山の送り火2017。

降るにしても降らぬにしても、お越し頂ける方は水着をお持ち頂く事をお勧め致します。
雨の中、プールに浸かってビール呑むってのも乙なモンかもしれませんしね。
# by kaleidocycle | 2017-08-13 18:59 | 駄情報

オーディション。

ワタクシのロングテールバイクはSurlyの1x1をベースとしており、
構成部品も基本的にシングルスピードMTBとして乗っていた頃のモノのまま。

よって変速機も無い(正しくはフロント二段変速)訳ですが、
日々重たくなる&意味無く動き回る様になって来た長男を毎日乗せるには、
如何考えても変速があった方が快適、という事で今更ながら多段化決行。
c0189724_1845257.jpgc0189724_18453635.jpg


c0189724_1846564.jpg

で、はずされ余ったシングルハブ一つ。

十数年お世話になった此方のハブですが、
改めて状態を確認すると全然傷んでません。
高級品でもない、というか寧ろ廉価品なのに。


「アンタ大したモンだよ」と労いの声をかけつつ、
再び活躍する日が来るその時まで、
暫しの休息をとお宝箱にホールインワン。

しかし、同じ様に適当にパーツを放り込みまくって来たお宝箱は、
よく見ればお宝箱どころか「ゴミ箱」としか言えない荒れっぷりです。
c0189724_18465781.jpg
お盆を迎えようというこのタイミングで、
ゴミ箱を一度整理しようと動き出した本日。

え~っと・・・コレは?
多分今は亡きMTB用STIの、
ブレーキリッドキャップですね。

これが必要となる日は来るのか?
無い無い無い無い。

c0189724_18471328.jpg
カンチブレーキ、これはお宝ですね~。

でも無駄にSEです・・・。
そう、サンツアーが世に問うた、
セルフエナジャイジングシステムです。

しかもブランドが何故かペデルセン。
ついでに言えばフロントのみ。
ん~・・・出番が想像つかん。

c0189724_18472041.jpg
同じくカンチ用のシュー、新品未使用!

しかし10年モノどころではありません。
当時は強力な制動力を誇った、
ポリカンチシューも今やただの石。

念仏唱えて廃棄致しましょう、
南無南無~南無南無~。

c0189724_18474377.jpg
Rooxのチェーンキャットとか、
泣かせますね~、チェコですよチェコ。

DMRのフロントW用デバイスは、
ステン製なのが好きでよく使いました。

ただ・・・微妙に懐かしいデバイスを、
後生大事に残して何になる?
まぁロングテールとかに使えるかも。

c0189724_1848278.jpg
Rockshoxのリペアパーツも、
新品中古グチャ混ぜで限りなくゴミ。
トラベルスペーサーとかも、
無闇に山盛り出て来ました。

でもこういうのがある日必要になる、
そんな事もあったりしますしね。
子供の暇潰し用のオモチャとか・・・。

c0189724_18481236.jpg
ビッ!ビービーッ!

こういうのって、使う積りも無いのに、
ついつい集めてまうのは何故でしょう?

せっかくなのでロングテールにつけて、
ビービー鳴らしてみたい所ですが、
いざ鳴らす段になると鳴らない、とか。

c0189724_18482589.jpg
お宝箱に似合うのはこういうの。

プロファイルデザインが放った、
バーエンドグリップシフトシステム、
「ユニバーサルパワーシフト」ですよ!

箱入り新品、素晴らしい。
でもコレって8速用なんですよね・・・。

と、そんな確認&整理作業を黙々と進めた結果、お宝と思えるものはお宝箱へ、
反対に面接試験に落ちたお宝以下の過去の遺物達は・・・地獄行き!
では無く、お宝箱の下層に待ち構えている「ジャンク箱」行き。
c0189724_18484654.jpg



ジャンク箱の中には何があるのか?全然把握出来ていません。
此方も一度整理・分別をしなければ、と思いはすれども、
「いつか何かに使える」そんな日を待つジャンク達ですから、
おいそれと捨てる訳にも行かず、「まぁ良いか」で放置。


オッサンの腹に贅肉がたまって突き出て来るのと同じく、
こうして自転車屋の倉庫は無駄な贅肉が溜まって行くのでしょう。

「男の腹には、男気が詰まってんだよ」
というのは漫画・アゴなしゲンと俺物語に出て来る大好きな名言ですが、
自転車屋の倉庫に詰まっているのは・・・男気では無いっぽいですね、残念ながら。
# by kaleidocycle | 2017-08-12 20:14 | 無駄

レデュケーションって何ケーション。

c0189724_19403424.jpg
本日山の日という事で、即ちMTBの日。

MTBだろうとロードバイクだろうと、
前後細軸クイックが当たり前だった時代は、
気がつけば遠く遠くに過ぎ去り、
スルーアクスル化が著しい近頃。

スルーアクスル化だけなら良いんですけど、
スルー規格が幾つもあるので・・・頭爆発。

規格其々の優劣も勿論ありましょうが、同時にシェアの取り合いという大人の喧嘩もあり、
その間で翻弄されるユーザーとしては、中々に厳しい今の時代と言えましょう。

c0189724_19364090.jpg

先月入荷したSalsa/Timberjackは、
今後新定番最有力候補と言える、
Boost(148x12mm)規格を採用しており、
3.0幅などの太いタイヤをセットした際にも、
タイヤとチェーンの干渉を心配しなくて良いとか、
左右スポークテンションの差が少なくなるとか、
まぁ素敵な特典は色々ついて来ます。


ただ、手持ちの部品を使って組もう!となると、
ブーストハブを余してる人って・・・多分少数派。

c0189724_19355438.jpg


反面、142mmハブを持っている、
142mmのホイルを余している、
そんな人は割りと居るはず。


「コイツ等を使えたらな~っ!」
と煩悶するアナタに向けた、
素敵な板が届きました。


たかが板と侮る事無かれ。
この板とボルトがあるだけで、
148mmエンドのフレームに、
142mmハブが使えるのです。


Salsa AlternatorBoostReductionKit

長い!名前が長い! 「オルタネーター」はSalsa独自のスウィンガーエンド名称で、
148mmスルー規格「ブースト」を142mmに「レデュケーション=縮小」出来るキット、
という事で、使い方はこの3mm厚の板をエンド取り付け部分に挟むだけ。
c0189724_19365217.jpgc0189724_19381860.jpg



¥54,000というとてもフレンドリーな価格のティンバージャックですが、
エンドがブースト規格という理由で二の足を踏んでいた方も多いでしょう。
しかしこのレデュケーションKIT(¥2,400)の登場でハブ選択肢が一気に拡大!


そんなレデュケーションKITはティンバージャックだけでなく、というよりも、
「本当に君を求めていたのは!」的な感じで構えていたのが此方。
c0189724_19393041.jpg



c0189724_19394098.jpg
Salsaのモンスタークロス「Fargo」です。

特にこのフレームKIT売の分は、
付属のカーボンフォークが100x15mmと、
非ブーストの一般的なスルーアクスル規格なのに、
リアエンドは148mmのブーストという事で、
少々パーツセレクトが難しい存在でした。

が、レデュケーションKITで142mm化すると、
あの完組みホイルも使える、あのハブも使えると、
一気に夢が花開くではありませんか!

「ブーストがダメ」って事は一切無いのですが、今はまだ選択の主流で無い事は確か。
そんな中届いたレデュケーションキットが与えてくれる「選択肢」はやはり有り難いのです。
c0189724_19401016.jpgc0189724_19402138.jpg





因みにエンド幅を狭くすると、フレーム付属のBoost用アクスルが使えなくなるので、
142mm用のアクスルを用意する必要がある事、念の為に記して〆とさせて頂きます。
# by kaleidocycle | 2017-08-11 21:22 | 商品

ミニサイズ・ミー。

昨日の台風のお陰で、栗がボロボロ落ちると同時に、
気温もグググッと下がった台風一過の今朝、実に爽快、実に快適。
c0189724_19391595.jpgc0189724_19392510.jpg


c0189724_19401046.jpg
山の傷みっぷりを確認すべく、
トロトロと林道を分け入る訳ですが、
あまりにトロトロ走るモンで、
距離を稼ぐ前に時間ばかりが過ぎ行きます。

お陰で保冷ボトルにギッチリ詰めて来た氷も、
山の天辺に辿り着く頃には全て溶けてしまい、
冷たくも温くも無い微妙な温度のお茶を飲む事に。


真空サーモボトルを持って来れば良いのですが、
前三角が小さいフレームだと抜き差しが・・・。

世間一般でもこういった事態に陥る事が増えているのか何なのか、
横から取り出すタイプのサイドエントリーボトルケージってのも増えていますね。

でもボトルは右からも左からも取れた方が有り難い、そう考えるならば、
小さいボトルを選ぶという手段もあり、例えばこんな小さめサーモボトルとか。
c0189724_1945936.jpgc0189724_19451992.jpg



 B・Free ステンレスサイクルミニボトル  ¥2,400
「ボトルケージサイズのサーモボトル」というジャンルを切り開いたクール&ホット500E。
そして後発であり、500Eよりも一回りコンパクトなサーモスのFFQ-600。
それらよりもまだまだ小さい今回のステンレスサイクルミニボトル(SCMB)。
c0189724_19455253.jpg

キャップシステムは兄貴分の500Eに似ており、
オープナーボタンを押せばパカっと開く、以上。

このパカっと開いて水筒の様に飲めるというのは、
当たり前と言えば当たり前ではあるものの、
サーモスのボトルがストロー式であった事を思うと、
有り難いというか何と言うか・・・普通って良いね。


因みに自身サーモスのボトルも使っていますが、
内部のストロー部品はとうの昔に捨てました。

c0189724_19462531.jpg
飲み口についた絶妙な角度も、
やはり兄貴分譲りなのですが、
口周りが巨大化しており、
使い勝手の向上が見て取れます。


企画発売元のユニコさんって、
こういう細かい所が実に上手い。

キャップを外した際のボトルの口もまた大径化されており、
500Eが約φ45mmなのに対し、SCMBは約φ48.5mm。
これによりコンビニやスーパーで売ってるカチ割り氷がより入れ易くなっています。
c0189724_19464472.jpgc0189724_19465746.jpg


c0189724_20325894.jpg

キャップユニットやパッキンなど、
永く使う為の補修部品も安価に用意されていますし、
「コンビニのコーヒーベンダーから直接注げる」
という事で冬に活躍する無名サーモボトルよりも、
更に背が低いので、年中無休で活躍しそうな此奴。


しかも値段が¥2,400とリーズナブルですから、
これはもう定番化するのは確実と言えましょう。

c0189724_19471269.jpg
問題は370ml(恐らく実質350ml)という容量で、
兄貴分の500mlやサーモスの600mlと比べると、
物凄く見劣りする数字である事は確か。

でも、家を出る際にパンパンに氷を詰めて、
出先の水場で足して足してと使うなら、
案外これ位の方が調子良いのかもしれません。


もう一つ問題を挙げるとするなら「商品名」。
中身で勝負!っての分かるんですけどねぇ・・・、
もうちっと分かり易い名前であって欲しいです。

ま、自転車屋に行って「チッコいサーモボトルくれ」と言えばコレが出て来る、
そんな風になって行くでしょうから、名前なんてのは大した問題では無いのかもしれません。
# by kaleidocycle | 2017-08-08 21:10 | 商品


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧