井戸端監視カメラ



アンレーサー。

c0189724_20254762.jpg
最近店頭で回し読みされている此方の本。
Rivendell-Bicycle-Worksのボスである、
グラント・ピーターセンの著作であります。


チョッと変な「当たり前」がまかり通る、
レーサーを頂点に頂く現代自転車ビジネス界に、
「アンレーサー」という概念で意義を唱え、
気持ちの良いサイクリングへの道を示す。

そんなある種の人にとってはバイブル的な一冊。

c0189724_2026965.jpg

少し中をのぞいて見ましょう。

「ギアが多すぎる」

今やロードでもMTBでも、
リア11段がスタンダードですが、
必要か?と聞かれると・・・別に。

c0189724_20264637.jpg
変速の数が増えるという事は、
即ち選択肢が増えるという事です。
しかしそれも使いこなさなければ無用の長物。

寧ろチェーンの寿命が短くなるだとか、
変速の微調整が頻繁に必要になるだとか、
変速の切れの良さが維持し難いなどなど、
好ましからぬ悪影響も付いて来てしまいます。


なので8速は単に廉価版という枠にあるのではなく、
実用性に秀でた使い易い選択と言えたりも。

c0189724_2027112.jpg

「心地良いポジションは前上がり」


全身を使い切る運動効率を追求した結果、
ハンドル位置の低い前屈姿勢になる事が普通。

でもその普通は速く駆け抜ける為の普通であり、
自転車に乗る快楽に酔い続ける為の普通ではない。


c0189724_20272660.jpg

ただボーっと走り続ける為には、
ハンドル位置は高めの方が良いに決まっている。

腕・肘・手首への負担が少なくなるのは勿論、
首も目も疲れ難くなるし、何より視界が広くなる。


上目遣いで睨まれて嬉しい人が少ないのと同じ、
風景も真っ直ぐ見つめられた方が、
より美しい姿を見せてくれますからねぇ。


と、そんなアンレーサーの精神に染まった結果では無いのですが、
今回組んでみたビッグダミーは丁度アンレーサーな仕上がりに。
c0189724_20275138.jpg



「快走ロングテール」と言う事で27.5x1.75タイヤで組んだ此方、
リア8段変速のクラリスは、変速の切れや耐久性という面において105より好ましく、
トリプルクランクのアウターをガードに変更してズボンの巻き込みを抑止。
Salsaのカウチッパーバーをかなり高めにセットした事で、
視界は広く呼吸もし易く、呆けたままズドーンと走り続けられるポジションに。

街中を縫う様に駆ける日々の足としては勿論の事、
遠方へ足を延ばすツーリングにおいても、「らしからぬ」軽快な走りが光ります。
Surly BigDummy アンレーサー(S)  ¥260,000(税別)



「ロングテールに軽快性を求めて何になる?」そうお考えの方も居られるでしょう。
いやいやいやいや、一度乗って頂ければきっと御理解頂けると思います。

乗っても「やっぱり軽快性なんて!」という方には・・・。
c0189724_21462641.jpg


突如現れた人力トラクター「BigFatDummy」をどうぞ。
# by kaleidocycle | 2016-12-07 21:51 | 商品

アドガー・アラヌ・ホウ全集。

c0189724_172370.jpg

息子を保育園に送り出した後、
さて何をしようか?と考え込んだ昨日。


秋も随分と深まって来た12月頭です、
もうじき北山には初雪が降り、
積もれば春まで行動に制限がかかるでしょう。

ならば、雪が積もる前に行っておくか、
という事で活動開始、戦闘開始。

c0189724_1721511.jpg
限られた時間の中で、
なるべく遠くに行きたい。
けれど同じ道を往復ってのは避けたい。

ならば結べぬ2本の糸を結ぶまでよ。

そう、我々には廃道という選択がある。
我々って?そりゃ・・・私と貴方ですよ♪

c0189724_1724129.jpg

とりあえず鯖街道をダラダラ北上し、
県境を越えた次の峠である花折峠を登り、
花折の長いトンネルを抜けると雪国であった。

などと言う事は無く、向こうも未だ秋です。


しかし、峠越えの苦労を一瞬で消してくれる、
トンネルと言う人工物の偉大さを感じながら、
抜けた向こうに伸びる道は現代では無く過去のそれ。

c0189724_1731142.jpg

と言う事で本日のターゲットは、
源流に向かう安曇川沿いの廃道です。


いや、廃道というと少し違って、
正しくは作りかけのまま放置された、
未完成の道路というべきでしょう。

花折トンネルを抜けると、
左の崖下に見える道がその入り口。

c0189724_1762980.jpg
日本海と京都を結ぶ主要道路である、
新鯖街道こと367号線と、
激坂を越えねば辿り着けないという事で、
悪名高き百井集落の奥とを結ぶべく、
「一応」道として拓かれているこのルート。


百井の更に奥に位置する大見集落に、
残土最終処分場を作る計画が嘗てあり、
その関係でこの道も拓かれようとしたのか?
と想像しますが、本当の所はよう分かりません。

c0189724_17826100.jpg

川沿いに遡上して行く道ですので、
時に苔生した渋い橋を渡る事も。

林業の人が通っているのでしょう、
まだまだ車の通った轍が見て取れ、
「何かあっても大丈夫」という、
意味の無い安心感を感じます。

c0189724_17101635.jpg

しかし、こんな道に用事のある人は少ない訳で、
ズズイと進みゆけばやがて轍は消え、
落ち葉と苔のフカフカロードに変身。


此処まで快調に飛ばせたグラベルロードも、
32cタイヤが埋もれはじめてトーンダウン。

とは言えそれでも普通に走れますので、
モコモコ言わせながら更に進み行くと・・・。

道の終点に到着です、お疲れ様でした。
c0189724_17103841.jpg



c0189724_1711840.jpg

前半戦が終了したので、続いて後半戦。

道は一旦途切れてしまいますが、
川を更に遡れば再び道が現れます。


直線距離で400~500mって所でしょうか。
まぁ距離的にはたかが知れたレベル。

いざ進むべし。

c0189724_1711563.jpg

ザブリ。

歩き易い地形が右岸・左岸のどちらなのかは、
場所によってドンドン変わりますから、
渡河を避ける事は出来ません。

そう、この行為があるからこそ、
「雪が降る前に」という話になるのですよ。

雪の中では・・・危ないですね、普通に。

c0189724_2025969.jpg 
川原に下りる→靴を脱ぐ→靴下を脱ぐ→渡る、
渡り切る→靴下を履く→靴を履く→山を上る。

これを繰り返して上流を目指します。

しかし数年前に来た時の記憶では、
数度の渡河で行けた様に思うのですが、
時間の共に状況が変わってしまったのか、
中々安定した獣道が捉えられません。


その為、何度も渡河を繰り返すはめになり、
しまいに靴の脱ぎ履きが邪魔臭くなって来て。

c0189724_17124436.jpg

もうええわい。

シューズ履いたまま渡る事にしましょう。


安曇川って水が綺麗ですね~。

c0189724_17132360.jpg

文字通りの「道なき道」を行くと、
その先には山らしい山の姿が。

テントを張って釣りをするには、
素晴らしいロケーションですが、
息子を迎えに行かねばならんので、
先を急ぐ事にしましょう。

c0189724_17133715.jpg
ザブングル。
・・・足を滑らせてしまいました。

しかし此処まで濡れてしまうと、
もうあとはどうでも良い気分になり、
カメラを取り出す余裕さえ生まれます。

皆さん、カメラは防水のが良いですよ。

c0189724_17141315.jpg

更にザブザブと川の中を進んだり、
崖をよじ登ったりを繰り返すと、
遂に!平たい土地が視界の中に!


あれぞ人類の灯。

あ~抜けた~、終った~・・・。
ってたった数百メートルなんですけどね、
体感では十倍にも感じる山の不思議。

c0189724_17151461.jpg
未舗装の林道であろうとも、
人が通る道には変わりない訳で、
「道とは何と便利なモノか」と改めて感じ入る次第。


一心地ついた所で時計を見ると、
予想外に時間を喰ってしまっており、
息子を保育園に迎えに行く時間が迫っています。

こうしては居れん。
さぁ文明の利器たる道を使って帰ろうぞ。

c0189724_17153042.jpg
道を行くとやがて見えて来るのは北山修道院。

小説「ノルウェイの森」のモデルになった、
そんな話も聞いたりしますが、
そもそもノルウェイの森を読んだ事が無いので、
「おぉぉ~」という感慨に浸る事はありません。


それよりもビシャ濡れ状態で山を彷徨い、
辿り着いた人家がこの家だと想像したなら・・・、
「ミザリー」か「変体村」か?って感じで、
怖くなって来るので退散退散。

c0189724_21243849.jpg  

山から流れ落ちる様に麓に下りて、
保育園お迎え時間オンタイムで帰着。

全行程約5時間のプチアドベンチャーの後は、
年間パスで入り放題の水族館へ。


普段の生活のすぐ横にある冒険ゴッコ。
その舞台は、いつも通り過ぎる脇道の、
奥の奥に広がっているので御座いますよ。
# by kaleidocycle | 2016-12-06 21:35 | 無駄

支持凄灯。

c0189724_19213344.jpg
夜間走行に必要な「ライト」
コレが無くては暗くて前が見えません。

てな事は現代においてほぼ無いのですが、
夜間の交通トラブルと距離をおく為には、
ライトが必須アイテムである事は確か。


なのでワタクシもカバンの中には、
最低限のライトと言う事で、
太陽電池式の1LEDライトを忍ばせております。

c0189724_19214358.jpg
しかしこういった1LEDライトというのは、
手軽で安価な反面、明るさに欠けますし、
小さいほど故障率も上がる傾向にありますから、
メインライトとしては人様にお勧めし兼ねます。


ではメインとしてどんなモノを勧めるのか?
最近ではGIZAのCG-123Pを定番としており、
街頭の無い道の夜間走行に耐え得る、
充分な明るさを持ちながら¥4,000という価格、
そして今の所B品を見た事が無いという、
製品品質の安定感が魅力であります。

c0189724_19221666.jpg
ブラケットも単純明快で、
取り付け・外しも簡易ですし、
ライト本体の重心位置を、
好きな場所に持って来れるので、
段差通過時にライトがお辞儀する事も無い。

ただこのブラケットは問題も孕んでおり、
それは「補修部品が存在しない」という点。

c0189724_19222852.jpg
割れたりする事は滅多に無いんですけどね、
不意に失くしてしまう事はありましょう。


その際どうするか?
口に咥えて走る?よだれ塗れになります。

そうじゃなくて汎用ホルダーを使う、が正解。
・Twofish ライトホルダー ¥930

オリジナルでなくなる事は少々寂しいですが、
ただの小さな懐中電灯になるよりかは随分良い。

c0189724_19225338.jpg
ブラケットは上記の通りなんなとなる。

しかし決定的に困るのは、
この充電ポートキャップを失くした時。

これ無しでは内部に水も湿気も入り放題、
ラップでグルグル巻きにしてしまうか、
若しくは座して死を待つのみ・・・か。

c0189724_19231485.jpg
そう、実用品であるライトは、
光量や電池容量、耐久性は勿論、
補修部品の有る無しもまた、
性能の一翼を担うと言えるのです。

「あ~、キャップ失くした時の事を考えると
 目の前が真っ暗になるわ~・・・ハァ~・・・」


おい、君の背中に良いモノが乗っているじゃないか。
ライトの王道・Cateyeから今秋発売された、
Volt100XC(¥3,000)が。

嘗ては全体的に大振りなデザインで、芋風味豊かな印象だったキャットアイ。
しかしVoltシリーズの登場と共に一気に小型・シンプル化が進み、
このVolt400に至ってはキャットアイらしさが良い方向に表現されています。c0189724_19234697.jpg

出力的には100ルーメンと言う事で、
特に何という訳でもありませんが、
前出のCG-123P(150ルーメン)と、
並べて比べるとこんな感じ。

右の123Pの方が圧倒的に明るいです。

がよく見て下さい、照射範囲が違います。
Volt100の方がフンワリ明るいですね。

c0189724_19235846.jpg
街頭の光が届かない場所を探した結果、
弊店横の廃屋跡に出向いてスイッチオン。

写真でライトの明るさを表現するのは、
非常~に難しい様に感じますが、
コレは結構リアルに再現出来てるっぽいです。


「明るっ!」というレベルでは全く無いけど、
前哨灯として機能している事は確かで、
普段使いの必要充分って感じになりましょうか。

c0189724_19242372.jpg
キャットアイの信頼性が高いのは分かる、
ただあのバンドだけは勘弁して欲しい、
そんな人も多いのでは無いでしょうか?

独自のフレックスタイトって奴です。

強力・確実な固定が出来るとしても、
とにかく使い難くて個人的に苦手でした。

しかしVolt100のマウントは一般的なラバーバンドマウントで、
これは本体重量の軽さ(42g)ゆえに採用されたのかと思いますが、
この使い易いラバーバンドマウントというだけでVolt100の評価は急上昇。
c0189724_19244283.jpg

更に天下のキャットアイですから、
このバンドの補修部品も存在します。

こんなにシッカリした作りで¥300。
しかも数年後でも恐らく入手可能。

この点はキャットアイならでは、ですね。

c0189724_19252676.jpg

充電ポートのキャップも補修部品として出ます。
此方は未だ価格未定の模様ですが、
まぁバンドと同じ程度になりましょう。

少なくとも¥1,000とかして、
「え、じゃぁ買い替えた方が早いか」
なんて悲しい事態に陥る事は無いはず。


こういったフォロー体制こそが、
王者を王者たらしめているのでしょうな。

c0189724_19253858.jpg
え~、そんな訳でVOLT100XC。

弊店如きがガタガタ言うまでも無く、
世の中でバカ売れしまくっているはずです。

世間大勢が良いというモノを目の当たりにすると、
つい粗を探したくなるワタクシですが、
此奴に関しては諸手を上げて降参。


「でも100ルーメンじゃナイトライドに使えんわ」
そんな風に嘆くアナタには・・・。

強化版のVolt400XCが年明け早々にデビューを控えており、
ほぼ同じ大きさのボディで400ルーメンというかなりの明るさとなる模様。

価格の方も¥5,500とかなり戦略的な設定になるそうですが、
Volt100XCと比べると倍近い価格ですから、要不要に応じて選択って話ですね。


そんなこんなで今日はここまで。明日は定休日です。
# by kaleidocycle | 2016-12-04 21:47 | 商品

最近 x 3。

(1)
弊店横の町屋解体工事がアッと言う間に終わり、綺麗な更地となりました。
c0189724_17364213.jpg


c0189724_17377100.jpg

で、その町屋が無くなって初めて知ったのですが、
町屋の裏には、もう一つ小さな廃屋があり、
その廃屋の出入りは解体された町屋と土蔵の間の、
とてもとても狭い道でのみ可能だった模様。


この写真の中央がその道で、
ワタクシの肩幅+α程度と非常に狭いです。

此処をズズイと奥へ侵入してみますと・・・、
その奥は完全に時が止まっていました。

c0189724_17381075.jpgc0189724_17382012.jpg


家主である近所のオバチャン曰く、十数年前までは店子さんも居られ、
普通に生活しておられたとの事ですが・・・タイムスリップ感が凄まじい。
基礎など石積みですからね、何年前の基礎やねん、という話です。

すぐ横で毎日仕事していたにも拘らず、その存在を全く知りませんでした。
でも西陣エリアの奥の方は、こんなのがまだまだまだまだあるんでしょうね~。



(2)
知人の元に可愛い第一子が生まれて来てくれたと報を受け、
気持ちばかりの御誕生お祝いを用意させて頂きました。
c0189724_17384940.jpg

しかし赤ちゃんが来た直後の家庭は、
何かと忙しい訳で、渡すタイミングが難しい。


ならば!とばかり口笛を吹きます。
ピュルリルリル~♪

やって来たのはバイシクルメッセンジャー。
そう、メッセンジャーに届けて貰おうという話です。


c0189724_17383699.jpg
京都を根城とするメッセンジャー風は消滅し、
その業務を引き継いだソウワークスも今年、
京都での事業撤退を決めました。

しかし空白となった地盤を引き継ぎ、
グリッドメッセンジャーが今は走っています。


現在、御新規様キャンペーン中と言う事で、
初回配達のみ1コイン(¥500)でOKだそうですので、
仕事中にふと「マクドが喰いたい・・・」とかなれば、
メッセンジャーを呼んでみて下さい。




(3)
c0189724_1739613.jpg
数年愛用しているダウンベストに、
誤って穴をあけてしまいました。

自分の財布にとっては安いモノではないので、
繕いに出してまだ着るつもり満々ですが、
修理に出している間が寒いよね~・・・という事で、
ユニクロに出向きダウンベストを購入。


¥4,000ほどだったのですが、とても良い。
暖かいのは勿論、汚れても破れても泣かない価格で、
火花散らすグラインダー作業にも臆する事無し。

c0189724_17405689.jpg
先日の定休日、保育園帰りの息子を連れて、
閉園時刻寸前の動物園に飛び込んだのですが、
息子の服装はTシャツ短パンの日中幼児モード。

しかし日が暮れると共に気温は下がり、
寒さに鈍感な幼児は文句を言わないとしても、
風邪をひかす可能性はズズイと高まります。


そこで己の着ていたベストをファサっとな。
袖が無いので手も自由に使えますし。
丈も丁度良い塩梅のフルレングス。

この後、買い与えたソフトクリームをこぼしまくって、
ベストはベタベタに汚れましたが全く気になりません、
洗えば良いだけの事ですし、シミになろうが形が崩れようが別にってなモンで。

幼児のいる家庭にこそユニクロのダウンベスト、ええ、本当に。
# by kaleidocycle | 2016-12-03 20:41 | 駄情報

過信か進化。

c0189724_1641019.jpg
家庭内衛生環境を向上させるべく、
インフルエンザの予防接種をうけてきました。

「接種後は運動を控えるように」
お医者さんからその様に申し渡されましたが、
空は青く高いこんな日ですから、
「口寂しい」ならぬ「足寂しい」という気分がムクリ。


ならばと向かうは京都御苑
砂漠の様に広い砂利路面だけでなく、
湿った土路面&落ち葉とバリエーション豊富。

手と足と尻から伝わる路面の変化をつまみ食い出来る、
そんな身近なオフロードが市内にあるというのは有難い事です。


そう、見渡す限りの地面が全てアスファルト&コンクリートに覆われて、
未舗装路が珍しい存在になればなる程、未舗装への飢餓感は増し、
故にグラベルロードというジャンルのニーズも高まるという流れの中。
c0189724_16415147.jpg



流星の如く現れた突然変異的ミキスト・グラベルが御来店。
GIANT Beliv(ビリーブ)   ¥72,000(税別)

c0189724_1642825.jpg
これ、Giantの2017モデル展示会で、
一番気になったモデルなんですよね~!


「ただミキスト車を出して来る」というのではなく、
グラベル風味を混ぜるという奇想天外な発想、
そして一癖も二癖もあるフレームワーク

ダウンチューブはGiantらしいハイドロフォーミング、
ヘッド周りの剛性を重視しながらも、
BBに近付く程に横潰しが大きくなり、
リーフ的な動きによる快適性を狙っている模様。

c0189724_16422916.jpg
いや、¥7万台の完成車の企画で、
そこまで深く考える事など無い・・・はず。

でもシートステーは三角パイプだったり、
ケーブルは全てダウンチューブ内臓だったり、
エンド部材は内側が刳り貫かれていたりと、
異常な、というより異様な拘りが見て取れます。


これが売れ筋モデルならば「戦略か?」と思いますが、
売れ筋には程遠い一台がコレ、という不思議さ加減。

c0189724_16424114.jpg
フレームのディスク台座なぞ、
新興規格「フラットマウント」ですからね。

これはもう「油圧化しなさい」という、
挑戦状であると受け取って間違い無い。

でもその挑戦状を真に受けると、
改造費用が車両価格を越えるでしょう。

c0189724_16425589.jpg
左チェーンステー内側には、
Giantの純正センサー、
「Ride-sence」のマウントが。

ANT+とBLEの2種の通信が可能で、
ガーミンなどのコンピュータでも、
スマホでも情報管理出来る優れ物が、
たったの¥5,000でパイルダー・オン。
要不要は別として。

c0189724_16432820.jpg

¥72,000という価格で、
狙うであろうターゲット層に対し、
内容がとんでもなく濃厚なBeliv。


家内が自転車に乗るというなら、
是非とも此奴を買い与えたい。

そしてコンポはRival1で1x11、
ブレーキは勿論油圧に、
フォークはフルカーボンで、
ホイルは28H手組みで、
チューブレス化して・・・と、
妄想を加速させる魔性の一台。


いや、実際やる人いるかも。


そういや明日はレジャー系シクロクロスイベント「秋ヶ瀬の森バイクロア6」ですが、
上記した様なスーパービリーブが走ってたら・・・格好良過ぎて痺れて卒倒必至、です。
# by kaleidocycle | 2016-12-02 20:06 | 商品


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧